WS018KE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ウィルコム WS018KE
キャリア ウィルコム
製造 ケーイーエス
発売日 2008年7月18日
概要
CPU ARM11
音声通信方式 W-SIMに依存
形状 折りたたみ型
サイズ 80.4 × 43 × 19.4 mm
質量 82 g
連続通話時間 約5時間
連続待受時間 約450時間
外部メモリ なし
日本語入力 Advanced Wnn 1.31
電子決済機能 なし
赤外線通信機能 IrDA
Bluetooth なし
ワンセグ なし
メインディスプレイ
方式 TFT液晶ディスプレイ
解像度 240×320ドット
サイズ 2.0インチ
表示色数 262,144色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 130万画素CMOS
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
ホワイト
ブラック
ピンク
イエロー
■テンプレート / ■ノート
ウィキプロジェクト

WS018KEとは、WILLCOM(ウィルコム)向けに供給された、W-SIM対応のPHS音声端末である。開発・製造はKES(ケーイーエス。後アスモ→現オーパス)。ペットネームは「WILLCOM 9」。

2009年11月1日以降のロットはネットインデックス(現ネクス)製造となり、サポート等も同日以降は同社が担当することとなった。

概要[編集]

WS009KEの角ばった形状を保ったまま、ストレート型から折りたたみ型とした。なお、サブディスプレイ、外部メモリは搭載しない。WS009KEのシンプル志向のコンセプトを受け継ぎながら、カメラが搭載されJavaアプリ(MIDP2.0)、デコラティブメールに対応した。国際ローミングにもW-SIM音声端末としては初の対応。対応国は台湾タイベトナムの三カ国である。

新たなサービスとして、待ち受け画面にコンテンツプロバイダから提供されたアクセサリーソフトを設定し、ニュースや天気などの情報を表示できる「ウィルコムガジェット」に対応する他、時計やメモなどの端末の機能を、最大3つまで待ち受け画面に分割して設定、表示できる「スロットアクセサリー」機能を搭載する。Javaアプリはウィルコムの端末として初めて待受アプリに対応した。

W-SIMはアルテル製のRX420ALが同梱され、4xパケット方式やW-OAMに対応する。

詳細仕様[編集]

  • 外部端子:microUSB TypeB(USB経由の充電可、PC用モデムとしての使用は不可)、W-SIMスロット、平形イヤホンマイク端子
  • アドレス帳:700件
  • メール:Eメール (POP3/SMTP)、ライトメール、デコラティブメール
  • ブラウザ:ACCESS NetFront

沿革[編集]

  • 2008年7月4日:ウィルコムから製品発表。
  • 2008年7月18日:発売。
  • 2009年9月10日:新色のイエローとピンクを発売