WX350K

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼
1.本体正面・側面
2.箱の画像提供をお願いします。2011年2月
ウィルコム WX350K
キャリア ウィルコム
製造 京セラ
発売日 2010年12月3日
概要
音声通信方式 PHS W-OAM
データ通信方式 4x/2x/1xパケット方式、フレックスチェンジ方式、64k/32kPIAFS方式
形状 ストレート型
サイズ 121 × 42 × 10.8 mm
質量 73 g
連続通話時間 約9時間
連続待受時間 約700時間
充電時間 約2.5時間
外部メモリ なし
日本語入力 iWnn
電子決済機能 なし
赤外線通信機能 IrDA
Bluetooth なし
ワンセグ なし
備考 「HONEY BEE」キャラクターにミツバチを採用。メインメニュー画面やデコラティブメールなどで同キャラクターが登場。
メインディスプレイ
方式 全透過型TFT液晶
解像度 240×320ドット
サイズ 2.0インチ
表示色数 262,144色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 31万画素CMOS
サブカメラ
画素数・方式 31万画素CMOS
機能 超広角レンズ
カラーバリエーション
ラズベリーピンク
ピーチピンク
オレンジ
シトラス
ホワイト
ブラック
■テンプレート / ■ノート
ウィキプロジェクト

WX350Kとは、ウィルコム向けに供給されている京セラ製の音声用PHSW-OAM)端末である。ペットネームはHONEY BEE 4(ハニー・ビー 4)。

WX333K(HONEY BEE 3)の後継機種にあたり、英語でミツバチを意味するHONEY BEE(ハニー・ビー)のペットネームを受け継いでいる。

概要[編集]

ポップなカラーバリエーションを持つ小型軽量なストレートタイプの端末。

寸法(突起部除く)はWX331K(HONEY BEE)、WX331KC(HONEY BEE 2)、WX333K(HONEY BEE 3)から長さ・厚みが微増したが、幅と重量は変わっていない。

端末のイメージキャラクターであるミツバチに因んだメールテンプレート・メインメニュー画像・待ち受け画像・ゲームもプリセットされている。

WX334KHONEY BEE BOX)を含む歴代のHONEY BEEシリーズからはプラットフォームが一新され、変更点は多い。

シリーズでは初めて、動画撮影、FlashFlash Lite3.1)、ウィルコムガジェット、MP3ファイルの再生・着信音設定、すぐ文字、エモーションメッセージに対応し、パソコンからUSBストレージとしてアクセス可能な『PCフォルダー』(18MB)が新設された。WebブラウザーはOpera(7.2EX)からNetFront(3.4)に変更され、充電はmicroUSB端子からのみとなった(卓上充電台には対応しない)。

メールフォルダーは100MB、データフォルダーは70MBに拡大し、ウィルコムの音声端末(スマートフォン除く)では最大となっている(ただしメモリーカードスロットは無い)。

WX333K・WX334K(HONEY BEE BOX)と同様、31万画素のカメラを正面と背面の計2基内蔵し、正面側カメラは超広角レンズと組み合わされている。前述のとおり、動画撮影にも対応した。

デザインは果物の輪切りをイメージしたものとなっている。

本体色『ラズベリーピンク』『ピーチピンク』『オレンジ』では側面・背面の色が濃くなっており、『シトラス』では正面と側面・背面の色が異なる(水色と黄緑色)。

キーは透明な樹脂を用いており、テンキー部は階段状とすることで押しやすくしている。

ミツバチのキャラクターに関しても、機能とデザインの一新にあわせ、3Dタイプに変更されている。

ACアダプタは、WX330KやWX334Kと同じく、microUSBコネクタを採用したものだが、さらに出力がアップされたAD01KCに変更されている。これに伴い、2010年12月以降の出荷ロットからWX334K、WX340KWX341K Pに同梱されるACアダプタも当機と同じものに差し替えられる。

また、本端末より、しばらくの間卓上ホルダの設定がなされていない(2013年11月現在、WX01KからWX11Kに至るまで、全く設定自体がなかったが、2013年11月14日発売のWX12Kでようやく卓上ホルダの設定がなされた)状態となった。このため、microUSB端子に直接ACアダプタを差し込む形でのみ充電可能。

詳細仕様[編集]

  • アドレス帳:1000件
  • メール:Eメール(POP3/SMTP)、ライトメール、デコラティブメール
  • ブラウザ:NetFront3.4
  • その他機能:自動時刻補正機能、通話中音声着信表示
  • 標準セット:本体、バッテリー、ACアダプター、取扱説明書(保証書)

沿革[編集]

  • 2010年12月1日 発表。
  • 2010年12月3日 ラズベリーピンク・ピーチピンク・オレンジ・シトラス・ホワイト・ブラック発売。
  • 2011年12月1日 オンラインショップ限定で、SoftBank 003Zとの抱き合わせ契約による販売を発表。
  • 2011年12月3日 オンラインショップ限定で、SoftBank 003Zとの抱き合わせ契約による販売を開始(003Zチタンブラック・WX350Kブラックの組み合わせと003Zホワイト・WX350Kホワイトの組み合わせの2通りから選択する形となる)。
  • 2012年8月23日 WX06Kとの抱き合わせ契約による販売を開始(3パターンのセットからカラーリングを選択できる)。

脚注[編集]


先代:
HONEY BEE BOX WX334K
ウィルコム HONEY BEEシリーズ
HONEY BEE 4 WX350K
次代:
HONEY BEE 5 WX07K