watchOS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
watchOS
Apple watchOS wordmark 2017.svg
開発者 アップル
プログラミング言語
OSの系統
開発状況 開発中
ソースモデル クローズドソース オープンソースコンポーネントを含む)
初版 2015年4月24日(5年前) (2015-04-24
最新安定版 watchOS 6.2.6 / 2020年6月1日(4か月前) (2020-06-01
最新開発版 watchOS 7(18R5310a) / 2020年6月23日(3か月前) (2020-06-23
対象市場 スマートウォッチ
アップデート方式 FOTA iOS 13以上を搭載したiPhone 6s以降のデバイス経由)
使用できる
プログラミング言語
プラットフォーム Apple Watch
影響を受けたOS iOS
ライセンス オープンソースコンポーネントを除きプロプライエタリ
ウェブサイト www.apple.com/jp/watchos/watchos-preview/
サポート状況
サポート中
テンプレートを表示

watchOSアップル(Apple)により開発された、Apple Watchモバイルオペレーティングシステムである。watchOSはiOSをベースとしており、共通の機能が多い[1]

沿革[編集]

watchOSは2015年4月24日に、watchOSを起動する唯一のデバイスであるApple Watchと一緒に初版がリリースされた。watchOSのAPIWatchKitと呼ばれる。


watchOS 2は、WWDC 2015において最初に公式プレビューされ、ネイティブサードパーティーアプリのサポートなどの改善などが含まれるようになった[2]。watchOS 2は2015年9月21日に公式にリリースされた[3][4]


watchOS 3は、2016年6月のWWDC 2016で開発者向けにベータ版がリリースされ、2016年9月13日にリリースされた。watchOS 3は新しい文字盤やリマインダー、呼吸、ホームなどのストックアプリが含まれることを強調された。


watchOS 4は、2017年6月のWWDC 2017内で発表され、2017年9月20日(現地時間 9月19日)にリリースされた。

新機能は、Siri、トイストーリーのキャラクターの文字盤が追加される他、「アクティビティ」機能に、ユーザーの運動を促進する機能・新ワークアウトを追加・「ミュージック」Appの大幅な機能追加など。


watchOS 5は、2018年6月のWWDC 2018の基調講演にて発表され、2018年9月17日にリリースされた。

なお、このOSでは、Apple Watch(第1世代)は対応せず、Apple Watch Series 1(第2世代)以降が対象となる。

新機能は、アクティビティの競争、ワークアウトの自動認識、ワークアウトの追加、トランシーバーポッドキャストアプリの追加、Siriの機能強化、通知の強化、学生用のIDカードを利用できるなど。


watchOS 6は、2019年6月のWWDC 2019の基調講演にて発表され、2019年9月19日にリリースされた。

新しい文字盤が追加され、感触フィードバックで時間を伝える「Tapticタイム」、App Store、電卓、ボイスメモ、大幅に更新されたリマインダー、強化されたSiri、周期記録、ノイズの計測、アクティビティのトレンド、アニ文字ステッカーなどが利用できる。


watchOS 7は、2020年6月のWWDC 2020の基調講演にて発表され、2020年9月17日にリリースされた。

いくつかの文字盤が追加された他、新しいコンプリケーションや文字盤の共有、一つのアプリで複数のコンプリケーションを同時に利用できる機能など、文字盤に関する幾つかの新機能が追加された。

また睡眠検出やワークアウトの追加、マップやSiriの強化、聴覚の安全や最大音量、新型コロナウイルスの感染予防が期待できる手洗いの自動検出機能などが追加された。

2020年9月16日に追加発表された機能として、Animojiの作成、さらに多くの文字版の追加、血中酸素飽和度の計測アプリ(Series6のみ)が追加された。

UI概要[編集]

iOSオペレーティングシステムを基調としていて、フラットデザインとなっている。watchOSは基本的なデザインの主な部分は初期からあまり変わっていない。

ホームスクリーン(レンダリングされ "Carousel" として知られる[1])は円形のアプリアイコンから構成され、Digital Crownを使ったズームインおよびズームアウトや、ディスプレイタッチによる起動が可能である。アプリの多くは、そのアプリのiOS版よりも単純化および小型化されている。

また、触覚タッチが利用できる。

バージョン履歴[編集]

凡例:   旧版(サポート終了)   旧版(サポート中)   最新版   ベータ版

watchOS 1.x[5][編集]

バージョン表 : watchOS 1.x - Apple Watch
watchOSのバージョン ベースとなるiOSバージョン リリース日 機能
1.0 8.0 2015年4月24日(5年前) (2015-04-24
  • UI
    • ホームスクリーンのフローティング円形アプリアイコン
    • Digital Crownによるズームイン
  • 9つの文字盤
    • クロノグラフ
    • カラー
    • モジュラー
    • ユーティリティ
    • ミッキーマウス
    • シンプル、モーション
    • ソーラー
    • アストロノミー
  • 20個のアプリ
    • アクティビティ
    • 時計
    • カレンダー
    • カメラリモート
    • メール
    • 地図
    • メッセージ
    • ミュージック
    • Passbook
    • 電話
    • 写真
    • Remote
    • 設定
    • Siri
    • 株価
    • ストップウォッチ
    • タイマー
    • 天気
    • ワークアウト
    • 世界時計
1.0.1 2015年5月19日(5年前) (2015-05-19
  • パフォーマンスの向上
    • Siri
    • スタンドアクティビティの測定
    • 室内自転車および室内ローイングワークアウトのカロリー計算
    • 屋外ウォーキングおよび屋外ランニングワークアウトの距離とペース  
    • アクセシビリティ
    • 他社製App
  • 新しい絵文字の表示サポート
  • 言語の追加
    • ブラジルポルトガル語
    • デンマーク語
    • オランダ語
    • スウェーデン語
    • ロシア語
    • タイ語
    • トルコ語

watchOS 2.x[6][編集]

バージョン表 : watchOS 2.x - Apple Watch
watchOSのバージョン ベースとなるiOSのバージョン リリース日 機能
2.0 9.0 2015年9月21日(5年前) (2015-09-21
  • 新しい文字盤と時計機能
    • 香港、ロンドン、マック湖、ニューヨーク、上海、パリのタイムラプスビデオ
    • お気に入りの写真が表示され、手首を上げるたびに写真が変わるフォトアルバム、Live Photosサポート
    • タイムトラベル機能で、Digital Crownを回して未来や過去の情報をチェック
    • ナイトスタンドモードで、Apple Watchを目覚まし時計として使用
    • 9つの新しい色で文字盤をカスタマイズ、新しいマルチカラーモジュラー文字盤を追加
    • 他社製Appのコンプリケーション作成をサポート
  • Siriの機能改善
    • 特定のワークアウトの開始、公共交通機関での経路検索、グランスの表示を指示
    • FaceTimeオーディオ通話とメール返信をサポート
    • HomeKitのサポートにより、自宅内の対応デバイスをSiriで操作
    • オーストリア、ベルギー(フランス語とオランダ語)、ノルウェーでのサポートを追加
  • アクティビティとワークアウトの機能改善
    • Apple Watch内の他社製Appで記録したワークアウトデータをアクティビティリングに取り込み
    • iPhoneの“アクティビティ”Appのアクティビティリング、ワークアウトデータ、目標達成を共有
    • 目標達成をほかの人と共有
    • 週ごとの概要をオンデマンドで表示
    • アクティビティ通知を終日消音
    • ワークアウトデータを自動保存
  • Apple PayとWalletの機能改善
    • Discoverカードをサポート
    • ポイントカードと店用のクレジットカードやデビットカードをサポート
    • Apple Watch内の他社製AppからWalletにパスを直接追加
  • 友達とDigital Touchの機能改善
    • 12人を超える友達をApple Watchから直接追加
    • 友達をグループにまとめてグループ名を設定
    • 複数の色で描いたスケッチを送信
    • アニメ絵文字の新しいオプション
  • マップの機能改善
    • 交通機関表示で、主要都市の路線、駅、複数交通手段での経路を確認
    • 現在の検索での経路リストを表示
    • 駅の出発案内情報を表示
  • ミュージックの機能改善
    • 新しい“Beats 1”ボタンで、24時間オンエアラジオを受信
    • 新しい“Quick Play”ボタンで、Apple Musicのさまざまな曲を再生
  • 音声入力や絵文字でメールに返信、またはメール用にカスタマイズしたメッセージでスマート返信
  • FaceTimeオーディオで通話
  • iPhoneが近くにない場合でもWi-Fi通話をサポート(通信事業者の対応が必要)
  • アクティベーションロックにより、Apple Watchのアクティベート時にApple IDとパスワードを要求して不正使用を防止
  • デベロッパ向けの新機能
    • ネイティブSDKを使って、Apple Watchでネイティブで動作する、より高速で強力なAppを開発
    • 加速度センサーにアクセスして、動きをより精密に追跡
    • 心拍センサーにアクセスして、ワークアウトに活用
    • マイクとスピーカーにアクセスして、オーディオを録音および再生
    • Taptic Engineにアクセスして、8種類の触覚フィードバックで反応
    • Digital Crownにアクセスして、より詳細に制御
    • Apple Watch上でビデオを直接再生
    • iPhoneが近くにない場合のApp実行をサポート(既知のWi-Fiネットワークに接続されているときにネットワーク機能を利用するなど)
    • 文字盤のコンプリケーションを作成
    • Appで記録したワークアウトデータをアクティビティリングに反映
    • Appで記録したワークアウトデータをiPhoneの“アクティビティ”Appに取り込み
  • システム言語のサポートを追加: 英語(インド)、フィンランド語、インドネシア語、ノルウェー語、ポーランド語
  • 音声入力言語のサポートを追加: オランダ語(ベルギー)、英語(アイルランド、フィリピン、南アフリカ)、フランス語(ベルギー)、ドイツ語(オーストリア)、スペイン語(チリ、コロンビア)
  • スマート返信言語のサポートを追加: 繁体字中国語(香港、台湾)、デンマーク語、オランダ語、英語(ニュージーランド、シンガポール)、日本語、韓国語、スウェーデン語、タイ語
2.0.1 2015年10月21日(5年前) (2015-10-21
  • ソフトウェア・アップデートが停止することがある問題を修正
  • バッテリーのパフォーマンスに影響していた問題を修正
  • 管理対象のiPhoneで、iOSの“カレンダー”のイベントをApple Watchに同期できない問題を解決
  • 位置情報が適切にアップデートされないことがある問題に対処
  • Digital Touchで、電話番号ではなくメールアドレスから送信されることがある問題を修正
  • Live Photoを文字盤として使っているときに不安定になることがある問題に対処
  • Siriを使って心拍数を計測しているときに、センサーが無期限にオンになる問題を解決
2.1 2015年12月8日(4年前) (2015-12-08
  • アラビア語、チェコ語、ギリシア語、ヘブライ語、ハンガリー語、マレー語、ポルトガル語、ベトナム語によるシステム言語のサポートを追加
  • 右横書きユーザインタフェースのサポートを追加
  • アラビア語用にラテン数字とヒンディー数字を切り替えられる機能を追加
  • イスラム語とヘブライ語カレンダーとの複合を追加
  • アラビア(サウジアラビア、アラブ首長国連邦)におけるSiriと命令のサポートを追加
  • マレーシア英語、チェコ語、ギリシア語、ヘブライ語、ハンガリー語、ポルトガル語、ベトナム語による命令サポートを追加
  • 日付を複合するとイベントによりアップデートが不可能となる問題を解決
  • 時間によりパワーリザーブモードで表示ができなくなる問題の修正
  • サードパーティー製アプリケーションにより起動を不可能にできてしまう問題を修正
  • サードパーティー製アプリケーションのアイコンにより正常な表示ができなくなる問題を修正
  • システム言語を変更した場合に不安定となる問題を修正
2.2 2016年3月21日(4年前) (2016-03-21
  • 1台のiPhoneに複数のApple Watchをペアリングする機能のサポートを追加
  • 食事、ショッピングなどのカテゴリ別に周辺の場所をブラウズできる“周辺検索”を“マップ”に追加
  • システム言語のサポートを追加: カタロニア語、クロアチア語、スロバキア語、ルーマニア語、ウクライナ語
  • カタロニア語、クロアチア語、スロバキア語、ルーマニア語、ウクライナ語、英語(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、インドネシア)の音声入力サポートを追加
  • マレー語、フィンランド語、ヘブライ語のSiriサポートを追加
  • 安静時の心拍数測定の頻度が増加
  • その他の機能改善およびバグ修正
2.2.1 2016年5月16日(4年前) (2016-05-16
  • バグ修正とセキュリティアップデート
2.2.2 2016年6月6日(4年前) (2016-06-06
  • バグ修正とセキュリティアップデート

watchOS 3.x[7][編集]

バージョン表 : watchOS 3.x - Apple Watch
watchOSのバージョン ベースとなるiOSのバージョン リリース日 機能
3.0 10.0 2016年9月13日(4年前) (2016-09-13

パフォーマンスとナビゲーション

  • サイドボタンを押して、Dock内のよく使うAppにアクセスできます
  • DockのAppは瞬時に起動し、最新の情報が表示されます
  • Dockでは、最大10個のAppを追加したり、“再生中”から音楽を制御したり、最後に使ったAppを起動したりできます
  • 端から端までスワイプして、文字盤をすばやく切り替えることができます
  • 文字盤の下部から上にスワイプして、コントロールセンターの重要な設定にアクセスできます

文字盤

  • “ミニーマウス”、“アクティビティ”、“数字”の新しい文字盤
  • 写真、フォトアルバム、タイムラプス、モーションのコンプリケーションが利用できるようになります
  • “ワークアウト”、“ミュージック”、“メッセージ”などの新しいコンプリケーション
  • 文字盤を追加したりカスタマイズしたりできる、iPhoneのApple Watch Appの新しい文字盤ギャラリー
  • 文字盤ギャラリーで他社製のコンプリケーションを見つけたり追加したりできます

アクティビティ

  • アクティビティリングをほかの人と共有したり比較したりできます
  • アルファベット順、あるいはムーブゴール、エクササイズゴール、歩数、または本日のワークアウトの進捗状況順でランキングできます
  • 友達がリングを完成させるか、ワークアウトを終えるか、成果を達成したとき、自動的に通知が届きます
  • カスタマイズしたスマートリプライで、励ましの一言や挑戦的な言葉を送信できます
  • iPhoneの“アクティビティ” Appの新しい“共有”タブに、履歴が表示されます

ワークアウト

  • よく使うワークアウトのクイックスタート
  • ワークアウトのタイプ別にカスタマイズできる複数のメトリック表示
  • 一時停止、再開、区間のマーク付けができる新しいジェスチャ
  • ヨガ、ピラティス、クロストレーニングなどを記録できる“その他”のワークアウトのラベル
  • ランニングワークアウトの自動一時停止
  • Siriがワークアウトの一時停止、再開、終了に対応します
  • 屋外ワークアウトで、経路が速度インジケータ付きで地図上に表示されます

車椅子での利用

  • 車椅子ユーザ向けに最適化されたアクティビティリング
  • さまざまな速度、地形、プッシュテクニックに対応します
  • プッシュが1日のカロリー消費のゴール達成にカウントされます
  • ロールの時間を知らせる通知とロールリング
  • 新しいアウトドア・ペース・ランニングおよびアウトドア・ペース・ウォーキングのワークアウト

呼吸

  • 1日の中で時間をとって短い深呼吸セッションを行うための新しいAppです
  • 心を落ち着かせるアニメーションと触覚による合図で、息を吸うタイミングと吐くタイミングを知らせてくれます
  • セッションの長さと1分あたりの呼吸回数は調整できます
  • 終了時には心拍数を含む概要が表示されます
  • 深呼吸の時間を知らせるリマインダー
  • 週ごとの概要

コミュニケーション

  • 表現能力の向上
    • お祝いするときなどに、フルスクリーンのエフェクトをつけて送信できます
    • メッセージ、リンク、写真にTapbackで素早く返答できます
    • 手書きメッセージは、紙の上に書いているかのように見えます
    • 新しい内蔵ステッカーや他社製ステッカーを送信できます
    • 見えないインクで送られた秘密のメッセージを読むことができます
  • 走り書き
    • 画面に言葉を書くと、Apple Watchが手書き文字をテキストに変換してくれます
    • Digital Crownを回すと、予測変換のオプションをスクロールできます
    • 英語(米国)、繁体中国語、簡体中国語で利用できます
  • “メッセージ”と”メール”の通知で、Digital Touch、絵文字、スマートリプライなどの返信方法を選択できます
  • 新しい絵文字を追加。また既存の文字にも性別の多様性、ひとり親家庭用の文字、レインボーフラッグを加え、よく使われる文字は再デザインしました
  • 緊急SOS
    • サイドボタンを押したままにして、緊急通報サービスに電話をかけることができます
    • 自動的に緊急連絡先に通知され、位置情報が共有されます
    • 使用中の薬、アレルギー、医学的な状態の情報を含むメディカルIDを表示できます
    • 現在地に応じて緊急電話番号が調整されます

ホーム

  • HomeKit対応のアクセサリをコントロールするための新しいAppです
  • iPhoneで作成したシーンを使って、タップするだけで一連のアクセサリをコントロールできます
  • Apple TVやiPadを使用して、よく使うアクセサリをリモートでも手首から制御できます
  • IPカメラをサポート。リッチな通知とアクセサリの制御でライブビデオを表示できます

その他の機能改善

  • 時間指定されたリマインダーや買い物リストなどを管理できる“リマインダー” Appが追加されます
  • 友達や家族の位置情報を表示できる“友達を探す” Appが追加されます
  • 他社製App内でApple Payを使って支払いができます
  • “カレンダー” Appでイベントを削除したりカレンダーを切り替えたりできます
  • Apple Watchから直接FaceTimeオーディオコールをかけることができます
  • iPhoneのApple Watch Appで設定を検索できます
  • “カメラ” Appで、フラッシュ、Live Photos、HDR、ズーム、バースト、前面/背面カメラの切り替えを制御できます
  • スペイン語(チリ)、中国語(広東語 - 中国大陸)、英語(アイルランド)、英語(南アフリカ)でのSiriのサポート
3.1 2016年10月24日(3年前) (2016-10-24
  • メッセージでバブルや全画面効果を返信する新規オプション
  • メッセージ効果に対するReduce Motionを有効化可能に
  • 完全なタイマー通知が2回配信されてしまう問題の修正
  • Apple Watch Series 2が充電できない問題の修正
  • 文字盤から見えないアクティビティリングの問題を解消
  • Force Touchオプションによりある種のサードパーティーアプリが見えなくなる問題の修正
3.1.1 2016年12月12日(3年前) (2016-12-12
  • 連絡先の名前が“メッセージ” Appと通知に表示されない問題を修正。
  • 通知に応答できない問題を解決。
  • “株価”のコンプリケーションが文字盤で更新されない問題を修正。
  • アクティビティのリングがアクティビティの文字盤で表示されない問題を修正。
  • “天気” Appで気温の単位を変更後に、アナログの文字盤でダイアルが表示されない問題を修正。
  • “マップ” Appがナビゲーション終了後も起動したままになる問題を解決。
  • “カレンダー” Appの月表示で間違った日付が表示される問題を解決。
3.1.3 2017年1月23日(3年前) (2017-01-23
  • 問題の改善およびバグの修正。
3.2 2017年3月27日(3年前) (2017-03-27
  • SiriはApp Storeで入手できるAppで動くようになり、ワークアウトの開始、メッセージの送信、支払いの実行、配車サービスの予約などに対応
  • “シアターモード”は消音モードをオンにし、手首を上げても明るくならず、画面をタップするまで暗くしたままにすることが可能
  • “走り書き”がフランス語、スペイン語、イタリア語に対応
  • ミュージックプレイリストの同期状況をiPhone上のApple Watch Appに表示することに対応
3.2.2 2017年5月15日(3年前) (2017-05-15
  • 問題の改善およびバグの修正
3.2.3 2017年7月19日(3年前) (2017-07-19
  • 問題の改善およびバグの修正

watchOS 4.x[8][編集]

バージョン表 : watchOS 4.x - Apple Watch
watchOSのバージョン ベースとなるiOSのバージョン リリース日 機能
4.0 11.0 2017年9月19日(3年前) (2017-09-19

文字盤

  • 時刻、場所、毎日の日課に基づいて必要な情報を賢く更新して表示する新しいSiriの文字盤
  • ウッディ、バズ・ライトイヤー、ジェシーなどのキャラクター達のアニメーションを表示する新しいトイ・ストーリーの文字盤
  • 静止画像を対称的に絡み合わせたパターンに変えて表示する新しい万華鏡の文字盤
  • Siri、News、心拍数、再生中の音楽、メッセージに対応した新しいコンプリケーション

アクティビティ

  • アクティビティリングを完成するための具体的な提案を賢く通知する機能を追加
  • 月間チャレンジ機能は、前月の成果に基づいた目標を提案
  • リングを完成した場合などの重要なゴールを達成したときに表示される新しいフルスクリーンアニメーション
  • アクティビティ共有の通知の返信にワークアウトの指標を追加

ワークアウト'

  • ワークアウトの種類別のグラフィックが付いて、より素早くワークアウトが始められるようになった新しいApp
  • 新しいモーションと心拍数のアルゴリズムが搭載され、より正確にカロリーの測定が可能になった、新しい高強度インターバルトレーニング(HIIT)ワークアウト
  • 1つのセッション内で複数の種類のワークアウトを実行することに対応
  • “プールスイミング”で、泳法ごとの距離とセットごとのペース、自動的に調整された休憩時間を自動的に設定することが可能
  • ワークアウトを開始すると同期されているプレイリストを自動的に再生開始する機能を追加(Apple Watch Series 1以降)
  • ワークアウトセッション中に、ワークアウトAppから直接ミュージック再生コントロールにアクセスできる機能を追加
  • ワークアウト中の通知を自動的に停止するオプションを追加

心拍数

  • 終日の心拍数を表示する新しいグラフを追加
  • 新しい心拍数測定および安静時心拍数を表示するグラフ(Apple Watch Series 1以降)、歩行時平均、ワークアウト時平均および最高値、回復時間、“呼吸” Appのセッションに対応
  • 安静とみなされる状態が10分間続いている間に、心拍数がある値を超えた場合に通知を送信するオプションを追加(Apple Watch Series 1以降)
  • 心拍変動および最大酸素摂取量を含め、現在および過去の心拍数データの詳細をiPhone上の“ヘルスケア” Appに表示可能

ミュージック

  • アルバムアートをより簡単にスクロールして見ることができる新しくデザインされたApp
  • 複数のプレイリストを自動的に同期して、Bluetoothヘッドフォンで音楽を再生することが可能
  • ヘビロテ、ニュー・ミュージック・ミックス、フェイバリット・ミックスを含めた、Apple Music特製のプレイリストを自動的に同期

その他の機能および改善

  • News Appで、Top Storiesの概要およびiPhoneであとで読む機能を追加
  • コントロールセンターにフラッシュライトおよびセーフティライトを追加
  • Dockに、最近使ったAppを縦方向にスクロールして見ることができる機能を追加
  • Appホーム画面をアルファベット順のリスト表示にすることが可能
  • 新規メール作成およびスワイプジェスチャーに対応
  • “電話” Appにキーパッドを追加
  • “カレンダー”の参加依頼に重複を表示
  • 指書き入力がドイツ語に対応
  • 1分未満のタイマーおよびタイマーの繰り返しに対応
  • マップで、目的地の候補および最近使った項目に対応
  • スマートリプライで連絡先および場所に対応
4.0.1 2017年10月4日(3年前) (2017-10-04
  • Apple Watchが未認証のキャプティブWi-Fiネットワーク(コーヒーショップやホテルなどの公共の場所で利用可能で、ネットワークへのアクセスの前に認証・登録のためのWebページに転送されるもの)に接続してしまう問題の修正
4.1 2017年10月31日(2年前) (2017-10-31
  • Apple Watch Series 3で、Apple MusicまたはiCloudミュージックライブラリを使用してミュージックのストリーミングが可能
  • Apple Watch Series 3で、新しいRadio Appを使用して、Beats 1でライブラジオや、カスタマイズしたステーションや、エキスパートにより厳選されたステーションの視聴が可能
  • Siriを使用して、曲、プレイリスト、またはアルバムを、検索したり、見つけたり、再生したりすることが可能
  • フィットネスデータをGymKitに対応しているトレッドミル、エリプティカル、ステアステッパー、およびインドアバイクと同期して、より正確な距離、ペース、およびエネルギー消費の計測が可能
  • Apple Watch Series 3(GPS + Cellularモデル)で、コントロールセンターでWi-Fiネットワークからの接続解除が可能
  • Apple Watch Series 1以降で、心拍数の通知機能が有効ではないときに通知が表示されてしまう問題を修正
  • 一部のユーザで、スタンドのリマインダーが表示されない問題を修正
  • 一部のユーザで、現在のスタンド時間が表示されない問題を修正
  • 消音アラームで、触覚による通知が行われない問題を修正
  • Apple Watch(第1世代)で充電ができない問題に対応
  • 日の出と日の入のコンプリケーションがときどき表示されない問題を解決
  • 中国のデフォルトの音声入力言語を北京語に修復
4.2 2017年12月5日(2年前) (2017-12-05
  • Apple Payを使用して、“メッセージ”またはSiriで友達や家族間でお金の送金、請求および受領が可能(米国内のみ)
  • “ホーム”に、スプリンクラーと蛇口のHomeKitへの対応を追加
  • Apple Watch Series 3で、他社製のAppがダウンヒル・スノースポーツの距離、平均速度、滑走回数、標高差を記録できる新しいワークアウトタイプへの対応を追加
  • Siriに天気を尋ねたときに、Apple Watchが再起動してしまう問題を解決
  • “心拍数”でスクロールができない問題を修正
  • 同時に作動しているタイマーまたはアラームを別々に終了させることができない問題を解決
4.2.2 2018年1月23日(2年前) (2018-01-23
  • 問題の改善およびバグの修正
4.2.3 2018年2月19日(2年前) (2018-02-19
  • 特定の文字列を使用するとAppがクラッシュする問題の修正
4.3 2018年3月29日(2年前) (2018-03-29
  • Apple WatchからHomePodの音量および再生の操作が可能
  • iPhone上で音楽の再生を操作する機能を復元
  • 充電中にナイトスタンドモードを縦横どちら向きでも使用可能
  • Siri文字盤で、アクティビティリング完成に向けての進捗状況、およびApple Musicミックスへの新曲追加の通知を表示
  • “アクティビティ”で成果が間違って獲得されてしまう問題を解決
  • 一部のオーディオデバイスで、Siriのミュージック操作コマンドが正しく動作しない問題を修正
4.3.1 2018年5月29日(2年前) (2018-05-29
  • 一部のユーザの間で起動時にApple WatchがAppleロゴを表示したままになる場合がある問題の修正
4.3.2 2018年7月9日(2年前) (2018-07-09
  • 改善およびバグの修正

watchOS 5.x[9][編集]

バージョン表 : watchOS 5.x - Apple Watch
watchOSのバージョン ベースとなるiOSのバージョン リリース日 機能
5.0 12.0 2018年9月17日(2年前) (2018-09-17

アクティビティ

  • アクティビティを共有している友達と7日間の1対1の競争をすることが可能
  • アクティビティのリングを完成させた割合(1パーセントで1点)が毎日得点に加算
  • “アクティビティ” Appの共有タブで進行中の競争を表示可能
  • 競争中は、進捗状況に応じて、賢くパーソナライズされた通知を受信
  • 競争終了後に獲得したバッジは、デザインが改良された“バッジ”タブで表示可能

ワークアウト

  • ワークアウトの自動検出機能により、多数のワークアウトにおいて、すでにエクササイズを開始しているときには“ワークアウト” Appを起動するように(かつ、すでに動いた分についてのデータは遡って加算)、また終了している場合はワークアウトをAppで終了させるように通知を送信
  • ヨガおよびハイキングのワークアウトで関連する測定値を正確に表示
  • 屋外ランニングワークアウトの目標ペースを設定し、ランニング中に目標より速いか遅いかについての通知を受信することが可能
  • 走行中のケイデンス、または毎分の歩数を測定、および平均ケイデンスをワークアウトの概要に表示
  • ランニングワークアウトで、直近の1 km(または1マイル)のペースを表示するローリングペースを表示

Apple Podcast

  • Apple Podcastで登録済みの番組を、Bluetoothヘッドフォンを利用して視聴できるようにApple Watch上に同期することが可能
  • 登録済みの番組に新規エピソードが追加されるたびに自動的に更新
  • Wi-Fiまたはモバイル通信ネットワークに接続されている場合、Apple Podcastのエピソードまたは番組をストリーミング再生可能
  • 文字盤で新しいPodcastコンプリケーションを利用可能

トランシーバー

  • Apple Watchを使用している友達を会話に招待することが可能
  • 話すときはボタンを押し、指を話せば相手の声を聴くことが可能
  • Apple Watchを持っている相手であれば誰とでも一対一の会話が可能
  • ほかの通知と区別可能な特別なサウンドと触覚フィードバック
  • “トランシーバー”で現在会話できる状態かどうかを設定可能
  • “トランシーバー”はApple WatchがWi-Fiまたはモバイル通信ネットワークに接続されているか、またはiPhoneにペアリングされている場合に使用可能

文字盤

  • “呼吸”文字盤で以下の3つのアニメーションを選択可能: クラシック、カーム、フォーカス
  • 手首を上げたりタップするとアニメショーンが始まる新しい3つの文字盤: Fire & Water、Vapor、Liquid Metal
  • “写真”文字盤で、“メモリー”のオプションを使用して写真ライブラリから厳選された写真を表示可能
  • 新しいPodcastと“トランシーバー”用のコンプリケーション

Siri

  • 位置情報や時間情報に基づいてその場面にふさわしいショートカットを賢くあらかじめに表示するようにSiri文字盤をアップデート
  • “マップ”機能をSiri文字盤に統合し、ターンバイターン経路および次のカレンダーイベントの場所までの予想到着時刻を表示
  • 心拍数の測定値(安静時心拍数、歩行時平均、心拍数の回復を含む)をSiri文字盤に表示
  • Siri文字盤で他社製Appのショートカットに対応
  • “手首を上げて話す”機能により、Apple Watchを口の前に持ってきてただ話すだけでSiriにアクセス可能
  • iPhoneで作成/管理されたSiriショートカットのボイスコマンドに対応

通知

  • 通知の管理を簡単にするため、同じAppからの通知を自動的にグループ化して表示可能
  • 通知センターでAppの通知を左にスワイプしてそのAppの通知設定を変更可能
  • 新しい“目立たない形で配信”機能により、サウンドやバナーを出さずに通知を通知センターだけに表示させることが可能
  • 所定の時間、場所、またはカレンダーのイベントのあとで“おやすみモード”をオフにすることが可能

心拍数

  • 安静時と見られる10分間に指定された値よりも心拍数が下がった場合に通知を送信するオプションを追加
  • 心拍数の測定値(安静時心拍数、歩行時平均、心拍数の回復を含む)をSiri文字盤に表示

その他の新機能および改善

  • “メール”または“メッセージ”でリンクを受信した場合、WebサイトのコンテンツをApple Watchで見やすいようにレイアウトして表示
  • Apple Watchで都市を“天気” Appに追加可能
  • UV指数、風速、空気質指数などの測定値を“天気” Appで表示(対応している地域のみ)
  • Apple Watchで株式銘柄を“株価” Appに追加可能
  • コントロールセンターのアイコンの表示順序を変更可能
  • “設定” AppでWi-Fiネットワークを選択可能、パスワードを要求された場合入力も可能
  • FaceTimeビデオ通話にApple Watchでオーディオ通話として返答可能
  • ソフトウェア・アップデートを夜間にインストールする機能を追加
  • Apple Watchで都市を“世界時計” Appに追加可能
  • “メール”または“メッセージ”で、絵文字をスクロールして選択する場合の表示を改良
  • 対応するシステム言語にヒンディー語を追加
5.0.1 2018年9月27日(2年前) (2018-09-27
  • エクササイズの分数が増えて表示される場合がある問題を修正
  • スタンドした時間が午後の時間帯に数えられない場合がある問題に対処
  • Apple Watchが充電できない問題を修正
5.1.1 2018年11月6日(23か月前) (2018-11-06
  • Apple Watch Series 4で転倒が検出されてから約1分間動かなかった場合、自動的に緊急通報サービスへの連絡が行われます。また、応急手当にあたってくれる人に、Apple Watchで転倒が検出されたことと、可能な場合は位置座標を共有することを知らせるメッセージも再生されるようになりました。
  • 一部のユーザで、“トランシーバー” Appのインストールが完了しない可能性がある問題を修正しました。
  • 一部のユーザが“トランシーバー”で参加依頼を送信または受信できない問題を解決しました。
  • 一部のユーザの“アクティビティ” Appで、過去に獲得したアクティビティバッジの一部が“バッジ”タブに表示されない問題を解決しました。
5.1.2 2018年12月7日(22か月前) (2018-12-07
  • Apple Watch Series 4の新しい“心電図” App(米国および米領のみ)。
  • 単極誘導心電図に似た心電図を記録できます。
  • 心拍に心房細動(不整脈の危険な症状)の兆候が見られるのか、洞調律(心拍の正常なパターン)であるのかが提示されるようになります。
  • 心電図の波形、分類、および顕著な症状をiPhoneの“ヘルスケア” AppでPDFに保存して、医師に見せることができます。
  • 心房細動の疑いのある心拍異常が検出された場合に通知を受け取る機能が追加されました(米国および米領のみ)。
  • 非接触型リーダーに触れたときに、Wallet内にあるサポート対象の映画チケット、クーポン、ポイントカードなどに直接アクセスできます。
  • アクティビティの競争中、1日あたりの得点の最大値に達したときに通知とアニメーションによるお祝いが表示されます。
  • インフォグラフに、メール、マップ、メッセージ、友達を探す、ホーム、News、電話、Remote用の新しいコンプリケーションが追加されました。
  • “トランシーバー”で会話可能かどうかをコントロールセンターから管理できるようになります。
5.1.3 2019年1月22日(20か月前) (2019-01-22
  • 改善およびバグ修正
5.2 2019年3月28日(18か月前) (2019-03-28
  • 香港およびヨーロッパのいくつかの地域で、Apple Watch Series 4の“心電図” Appを利用可能。利用可能な地域については次のサイトをご覧ください: https://www.apple.com/jp/watchos/feature-availability/
  • 香港およびヨーロッパのいくつかの地域で、“不規則な心拍の通知”を利用可能。利用可能な地域については次のサイトをご覧ください: https://www.apple.com/jp/watchos/feature-availability/
  • 新しいAirPods(第2世代)に対応。
5.2.1 2019年5月14日(17か月前) (2019-05-14
  • Apple Watch Series 4の“心電図” Appが、クロアチア、チェコ共和国、アイスランド、ポーランド、およびスロバキアで利用可能になりました
  • 不規則な心拍の通知が、クロアチア、チェコ共和国、アイスランド、ポーランド、およびスロバキアで利用可能になりました
  • 一部のユーザでエクスプローラーの文字盤に数字が表示されない問題を修正しました
  • セキュリティ保護されていない Bluetooth 接続のアクセサリを無効化する
5.3 2019年7月23日(14か月前) (2019-07-23
  • “トランシーバー” Appの修正を含む重要なセキュリティアップデートが提供されます
  • Apple Watch Series 4の“心電図” Appが、カナダおよびシンガポールで利用可能になりました
  • 不規則な心拍の通知が、カナダおよびシンガポールで利用可能になりました
5.3.1 2019年8月27日(13か月前) (2019-08-27
  • 重要なセキュリティアップデート
5.3.2 2019年8月27日(13か月前) (2019-08-27
  • 重要なセキュリティアップデート
5.3.3 2019年10月30日(11か月前) (2019-10-30
  • 重要なセキュリティアップデート
5.3.4 2019年12月11日(10か月前) (2019-12-11
  • 重要なセキュリティアップデート
5.3.5 2019年12月13日(10か月前) (2019-12-13
  • アイスランドでApple Watchの“不規則な心拍の通知”が正常に働かない問題の修正を含む、バグの修正および改善
5.3.6 2020年2月19日(7か月前) (2020-02-19
  • 重要なセキュリティアップデート
5.3.7 2020年5月19日(5か月前) (2020-05-19
  • 改善およびバグ修正
5.3.8 2020年7月16日(3か月前) (2020-07-16
  • 重要なセキュリティアップデート

watchOS 6.x[10][編集]

バージョン表 : watchOS 6.x - Apple Watch
watchOSのバージョン ベースとなるiOSのバージョン リリース日 機能
6.0 13.0 2019年9月20日(12か月前) (2019-09-20

周期記録

  • 新しい“周期記録” Appでは、出血量、症状、点状出血などの月経周期についての情報を記録します
  • オプションで、基礎体温および排卵検査結果などの妊娠可能指標を記録します
  • 月経の予測および通知により、次の月経が近づいていることを知らせます
  • 妊娠可能期間の予測および通知により、次の妊娠可能期間が近づいていることを知らせます

ノイズ

  • 新しい“ノイズ” Appでは、周囲の現在の音量レベルを表示します
  • オプションで、周囲の騒音が、長時間聴くと聴覚に影響が及ぶ可能性のあるレベルにまで達した場合に通知します
  • Apple Watch Series 4で利用可能です

ボイスメモ

  • Apple Watchを使用してボイスメモを録音します
  • 録音したボイスメモは、Apple Watchの内蔵スピーカーから再生するか、Bluetoothデバイスに接続して聴きます
  • “音声入力”または“指書き入力”で録音の名前を変更します
  • 新しく録音したボイスメモは、iCloud経由でiPhone、iPad、またはMacの間で自動的に同期します

オーディオブック

  • iPhoneのApple BooksのオーディオブックをApple Watchに同期します
  • 現在読んでいるブックを最大5時間同期します
  • Wi-Fiまたはモバイル通信に接続したときにオーディオブックをストリーミングします

App Store

  • 新しいApp StoreでApple Watch用のAppを探してインストールします
  • 厳選されたAppやコレクションをブラウズします
  • Siri、音声入力、指書き入力を使用してAppを検索します
  • Appの説明、レビュー、スクリーンショットを表示します
  • “Appleでサインイン”をサポート

アクティビティ

  • iPhoneの“アクティビティ” Appでアクティビティのトレンドを追跡します
  • トレンドは、過去365日間のパフォーマンスと比較して、過去90日間のアクティビティの平均指標を表示します。指標には、ムーブ、エクササイズ、スタンド、スタンド時間(分)、距離、有酸素フィットネス(最大酸素摂取量)、ペースウォーキング、ペースランニングが含まれます
  • トレンド矢印が下を向いている場合、軌道を戻すのに役立つ具体的なコーチングヒントを表示します

ワークアウト

  • “屋外ランニング”、“屋外ウォーキング”、“サイクリング”、“ハイキング”のワークアウトに現在の高度が追加されました。Apple Watch Series 2以降で利用可能です
  • ワークアウト中に“ストップウォッチ” Appが文字盤に継続的に表示されるようになりました
  • “ワークアウト”ミュージックプレイリストをシャッフルします
  • TRUEとWoodwayのGymKitサポートを追加します

Siri

  • Shazamであなたの近くで流れている曲を特定します。曲とアーティストの情報を取得し、Apple Musicライブラリに追加します
  • SiriのWeb検索をサポートします。Web検索の結果を最大5つ表示し、タップするとApple Watch用に最適化されたWebサイトコンテンツが表示されます
  • 刷新された“人を探す” AppとSiriが統合され、位置情報の問い合わせをサポートします

文字盤

  • “数字・モノ”と“数字・デュオ”: アラビア数字、アラビア・インド数字、ローマ数字、デーバナーガリー数字で表示可能なデジタル文字盤です
  • “メリディアン”: 画面いっぱいに表示される黒または白の文字盤です。4つのサブダイヤルのコンプリケーションが含まれます(Apple Watch Series 4のみ)
  • “グラデーション”: 時間と共にデザインがダイナミックに変わります。フルスクリーンまたは円形(最大5つのコンプリケーション)で表示可能です(Apple Watch Series 4のみ)
  • “カリフォルニア”: ローマ数字、アラビア数字、デーバナーガリー数字などの複数の数字スタイルをフルスクリーンまたは円形で表示可能です(Apple Watch Series 4のみ)
  • “ソーラーダイヤル”: 24時間の文字盤に太陽の経路を円形にマッピングして太陽を追跡します(Apple Watch Series 4のみ)
  • “モジュラーコンパクト”: アナログまたはデジタルの時間を選択でき、リッチなコンプリケーションを表示します(Apple Watch Series 4のみ)
  • すべての文字盤でタップすると時刻を読み上げます。30以上の言語をサポートします
  • オプションで、経時チャイムを受信およびカスタマイズします。触覚またはカスタマイズ可能な音声チャイムを使用して、1時間ごと、30分ごと、または15分ごとに通知を受信するように設定します
  • Apple Watchから直接文字盤を並べ替える
  • オーディオブック、計算機、モバイル通信接続、周期記録、ノイズ、風、降水確率、ボイスメモの新しいコンプリケーションが追加されました
  • “インフォグラフ”と“インフォグラフモジュラー”に新しいモノクロのコンプリケーションが追加されました

その他の機能と改善:

  • 新しい“計算機” Appでは、チップや割り勘を計算できます
  • Podcast Appがカスタムステーションをサポートするようになりました
  • “マップ”にスマートガイダンスと音声ナビゲーションが含まれます
  • 刷新された“再生中” AppはApple TVのリモコンをサポートします
  • “For You”でパーソナライズされたミュージックピックを利用できるようになりました
  • 自動ソフトウェア・アップデート
  • “トランシーバー” Appが刷新されました
  • “アクセシビリティ”、“ワークアウト”、“ヘルスケア”などの設定がApple Watchで直接利用可能になりました
  • 刷新された“人を探す” Appでは、Apple Watchで友達を追加したり、通知を設定したり、設定を変更したりできます
  • 刷新された“リマインダー” Appでは、App内から直接、共有リストやサブタスクを表示したり、新しいリマインダーを追加したりできます
6.0.1 2019年10月1日(12か月前) (2019-10-01
  • ミッキーマウスとミニーマウスの文字盤で時間が読み上げられない問題を解決
  • カレンダーのコンプリケーションでイベントが表示されない場合がある問題に対処
  • ディスプレイの調整データが失われる場合があるバグを修正
6.1 2019年10月30日(11か月前) (2019-10-30
  • AirPods Proのサポート、改善、およびバグ修正
  • Apple Watch Series 1とSeries 2がwatchOS 6に対応
6.1.1 2019年12月11日(10か月前) (2019-12-11
  • 重要なセキュリティアップデート
6.1.2 2020年1月29日(8か月前) (2020-01-29
  • 重要なセキュリティアップデート
6.1.3 2020年2月19日(7か月前) (2020-02-19
  • アイスランドでApple Watchの“不規則な心拍の通知”が正常に働かない問題の修正を含む、バグの修正および改善
6.2 2020年3月25日(6か月前) (2020-03-25
  • Apple Watch AppのApp内課金に対応
  • Wi-FiからBluetooth接続に切り替えると音楽の再生が一時停止することがある問題を修正
  • チリ、ニュージーランド、およびトルコでAppleWatch Series 4以降の“心電図” Appを使用できます
  • チリ、ニュージーランド、およびトルコで不規則な心拍についての通知を使用できます
6.2.1 2020年4月9日(6か月前) (2020-04-09
  • iOS 9.3.6以前またはOS X El Capitan 10.11.6以前を搭載したデバイスとのFaceTimeオーディオ通話にwatchOS 6.2を搭載したデバイスから参加できない問題を修正
6.2.5 2020年5月18日(5か月前) (2020-05-18
  • サウジアラビアでApple Watch Series 4以降の“心電図” Appを利用可能
  • サウジアラビアで“不規則な心拍の通知”を利用可能
6.2.6 2020年6月1日(4か月前) (2020-06-01
  • 重要なセキュリティアップデート
6.2.8 2020年7月16日(3か月前) (2020-07-16
  • Apple Watch Series 5での車のデジタルキーのサポートを追加
  • Apple Watch Series 4以降の“心電図” Appがバーレーン、ブラジル、および南アフリカで利用可能
  • 不規則な心拍の通知がバーレーン、ブラジル、および南アフリカで利用可能

watchOS 7.x[11][編集]

バージョン表 : watchOS 7.x - Apple Watch
watchOSのバージョン ベースとなるiOSのバージョン リリース日 機能
7.0 14.0 2020年9月17日(35日前) (2020-09-17

文字盤

  • 新しい“ストライプ”の文字盤では、ストライプの数を自由に選択でき、角度を回転させて自分のスタイルに合った文字盤を作成可能(Series 4以降)
  • 新しい“タイポグラフィ”の文字盤では、アラビア数字、アラビア・インド数字、デーバナーガリー数字、ローマ数字をクラシック、モダン、ラウンドのスタイルで表示(Series 4以降)
  • ジェフ・マクフェトリッジとのコラボで誕生した“アーティスト”の文字盤は、時間と共に、または画面をタップしたときにアニメーションで新たなデザインに変形
  • 新しい“ミー文字”の文字盤では、自分で作成したすべてのミー文字と、すべてのミー文字キャラクターを表示可能(Series 4以降)
  • 新しい“GMT”の文字盤では、ローカル時間を示す内側の12時間のダイヤルと、外側の24時間のダイヤルで第2の時間帯を追跡(Series 4以降)
  • 新しい“クロノグラフプロ”の文字盤では、60秒、30秒、6秒、または3秒刻みで時間を記録、または新しいタキメーターを使って一定距離の移動時間に基づき速度を計測(Series 4以降)
  • 新しい“カウントアップ”の文字盤では、ベゼルをタップして経過時間を簡単に計測可能(Series 4以降)
  • “メッセージ”や“メール”で文字盤を共有、またはリンクをオンラインで投稿
  • App Storeにあるお気に入りのApp、またはWebサイトやソーシャルメディアから、厳選された文字盤を見つけてダウンロード
  • “特大”の文字盤で多彩なコンプリケーションに対応
  • “写真”の文字盤を、新しいカラーフィルタでカスタマイズ可能
  • “世界時計”、“月の位相”、“高度計”、“カメラリモート”、“睡眠”の新しいコンプリケーション

睡眠

  • 新しい“睡眠” Appでは、睡眠記録、睡眠スケジュールのカスタマイズ、一定時間の睡眠傾向の表示によって睡眠時間の目標達成を支援
  • 加速度計のデータを使って、目覚めたときと眠りについたときを検知
  • 睡眠モードでは、おやすみモードをオンに、“手前に傾けてスリープ解除”と画面をオフにして、眠りの妨げになるものを最小限に抑制
  • Apple Watchのアラーム音と触覚での目覚まし
  • スケジュールされた就寝時刻の前にApple Watchを充電するためのリマインダーと、フル充電されたときのリマインダーを受け取るオプション

手洗い

  • モーションセンサーとマイクを使った手洗いの自動検出
  • 手洗いを検出すると20秒のカウントダウンを開始
  • 早めに手洗いをやめると、推奨される20秒間の手洗いを促すメッセージを表示
  • 家に着いたときに手を洗うようにリマインドされるオプション
  • 手洗いの実施回数と長さをiPhoneの“ヘルスケア” Appで確認
  • Apple Watch Series 4以降で利用可能

ファミリー共有設定

  • 自分のiPhoneを使って、ファミリーメンバーのApple Watchをペアリングして管理可能。電話番号とApple IDはファミリーメンバーのものを使用
  • 連絡先の管理、通信制限の設定、画面を見ない時間帯の設定のために、“スクリーンタイム”と“休止時間”に対応
  • スクールタイムモードでは、おやすみモードをオンにして操作を制限し、文字盤をはっきりした黄色の時計に変更
  • カスタムのスクールタイムスケジュールを設定して、Apple Watchでモードが終了する時刻を表示
  • 13歳以下のユーザはアクティブカロリーの代わりにムーブ時間を追跡可能。ウォーキング、ランニング、サイクリングのワークアウトをより正確な指標で追跡
  • ファミリーメンバーの1回限り、繰り返し、または時刻ベースの位置情報通知を設定
  • Apple Cashファミリー(米国のみ)で、ファミリーメンバーに送金し、18歳未満のユーザの取引を確認
  • ファミリーメンバーは自分のアクティビティとヘルスケアのデータを共有するかどうかを選択可能。自動位置情報通知が作成されたときにファミリーメンバーに通知
  • ファミリー共有が必要。最大5名のファミリーメンバーで使用可能
  • CellularモデルのApple Watch Series 4以降で利用可能

ミー文字

  • 新しい“ミー文字” Appで、新しいミー文字の作成と既存のミー文字のカスタマイズが可能
  • 新しいヘアスタイル、年齢オプションの追加、3つの新しいミー文字ステッカー
  • 自分で作ったミー文字を“ミー文字”の文字盤で使用
  • “メッセージ”でミー文字ステッカーを送信

マップ

  • 読みやすい大きなフォントサイズでのターンバイターン経路
  • 自転車の経路案内では、道の勾配や道路の混雑状況を考慮して、自転車レーン、自転車専用道路、および自転車に適した道路の経路を提示
  • 自転車店など、サイクリスト向けの場所を検索して経路に追加
  • 自転車での経路は、ニューヨーク市、ロサンゼルス、サンフランシスコ・ベイエリア、上海、北京でのみ利用可能

Siri

  • デバイス上での音声入力により、リクエスト処理の速さと信頼性が向上し、プライバシーの保護を強化(Series 4以降、米国英語のみ)
  • 手首の上でフレーズを直接翻訳。50以上の言語ペアに対応
  • “メッセージを読み上げる”に対応

その他の機能と改善点

  • “アクティビティ” Appで、エクササイズ時間およびスタンド時間やロール時間のゴールを変更
  • “ワークアウト” Appで、ダンス、機能的筋力トレーニング、コアトレーニング、クールダウンの新しいカスタムアルゴリズムにより関連指標の正確なトラッキングが可能
  • iPhoneの“フィットネス” Appのデザインと名前を変更。概要タブと共有タブを簡略表示
  • 健康と安全に関するApple Watchの機能を、iPhoneの“ヘルスケア” Appの新しいヘルスケアチェックリストで管理
  • Apple Watchで計測される新しい“歩行”指標を“ヘルスケア” Appで利用可能。低域最大酸素摂取量、階段上り速度、階段下り速度、6分間歩行の推定距離などを計測
  • Apple Watch Series 4以降のECG Appが、新たにコロンビア、イスラエル、クウェート、オマーン、カタール、アラブ首長国連邦で利用可能
  • 不規則な心拍の通知が、新たにコロンビア、イスラエル、クウェート、オマーン、カタール、アラブ首長国連邦で利用可能
  • Apple Watch Series 5で、コントロールセンターおよび通知センターへのアクセス、文字盤の変更など、画面のスリープを解除しなくてもできる追加の操作に対応
  • “メッセージ”でグループスレッドを作成
  • インライン返信を使って、特定のメッセージに返信したり、関連するすべてのメッセージを独自のビューで表示したりすることが可能
  • 以前に作成したショートカットにアクセスして実行できる、新しい“ショートカット” App
  • ショートカットをコンプリケーションとして文字盤に追加
  • ファミリー共有でオーディオブックを共有
  • “ミュージック” Appで検索が利用可能
  • Wallet Appのデザインを一新
  • Walletで車のデジタルキーに対応(Series 5)
  • ミュージック、オーディオブック、Podcastの各Appでダウンロード済みメディアを表示
  • “世界時計” Appと“天気” Appで現在位置の情報を利用可能
7.0.1 2020年9月25日(27日前) (2020-09-25
  • 一部のユーザでWalletの一部の支払い用カードが無効になっていた問題を修正
7.0.2 2020年10月13日(9日前) (2020-10-13
  • バッテリーの減りが早くなることがある問題に対処
  • “心電図” Appを利用可能な地域で一部のユーザが“心電図” Appにアクセスできなかった問題を解決
7.0.3 2020年10月20日(2日前) (2020-10-20
  • 一部のユーザでApple Watch Series 3が予期せず再起動する問題に対処

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b Apple Watch runs 'most' of iOS 8.2, may use A5-equivalent processor”. AppleInsider. 2015年4月25日閲覧。
  2. ^ Apple announces watchOS 2 with third-party Apple Watch apps, new Timepieces, video playback, much more”. 9to5Mac. 2015年6月8日閲覧。
  3. ^ watchOS 2 final version released for Apple Watch users”. 2015年9月21日閲覧。
  4. ^ Apple's watch OS 2 is now live following bug delay - CNET”. CNET. 2015年9月23日閲覧。
  5. ^ Apple Watch OS 1.0.1”. support.apple.com. 2020年10月22日閲覧。
  6. ^ ダウンロード - Apple WatchOS 2.0 - 2.2.2”. support.apple.com. 2020年10月22日閲覧。
  7. ^ ダウンロード - Apple WatchOS 3.0 - 3.2.3”. support.apple.com. 2020年10月22日閲覧。
  8. ^ watchOS 4 のアップデートについて” (日本語). Apple Support. 2020年10月22日閲覧。
  9. ^ watchOS 5 のアップデートについて” (日本語). Apple Support. 2020年10月22日閲覧。
  10. ^ watchOS 6 のアップデートについて” (日本語). Apple Support. 2020年10月22日閲覧。
  11. ^ watchOS 7 のアップデートについて” (日本語). Apple Support. 2020年10月22日閲覧。

関連項目[編集]