We Love Marines

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
千葉ロッテマリーンズ > We Love Marines
ウィ・ラヴ・マリーンズ
唄うマリーンズシングル
初出アルバム『ウィ・ラヴ・マリーンズ』
A面 We Love Marines
B面 We Love Marines(ロック・インスト・ヴァージョン)
ウィ・ラヴ・マリーンズ(カラオケ)
リリース
ジャンル 応援歌
レーベル 発売:データム・ポリスター
販売:ポリドール
作詞・作曲 作詞:山上路夫
作曲:梅垣達志
チャート最高順位
テンプレートを表示

We Love Marines』(ウィ・ラブ・マリーンズ)は、日本プロ野球チーム・千葉ロッテマリーンズの球団オフィシャルソング。1992年発表。作詞:山上路夫、作曲:梅垣達志

解説[編集]

1992年、ロッテ球団は川崎球場から千葉マリンスタジアムへの本拠地移転を機に愛称を球団創設以来の「ロッテオリオンズ」から「千葉ロッテマリーンズ」に変更。本楽曲はそれと同時に旧球団歌「わがオリオンズ」に代わり発表された球団オフィシャルソングである。現在は、千葉マリンスタジアムで、ロッテの勝利時に本楽曲が流され、同球場に詰めかけたマリーンズファン達に親しまれている(2011年までは7回裏に流され、一時期は、7回裏に『Take me out to the Ball Game』がアカペラで合唱され、5回裏攻撃前に流していた時期があった。その後は元の7回裏攻撃前に戻され、現在は7回裏に「マリンに集う我ら」が流され、試合終了後に勝利した場合にこの曲が流されている)。またパ・リーグ公式戦やセ・パ交流戦におけるマリーンズのビジターゲーム開催球場でも、7回表攻撃前に流されている(一部除く)。

CD[編集]

その他[編集]

  • 千葉マリンスタジアム最寄のJR東日本京葉線海浜幕張駅では、全ホーム共通の発車メロディに用いられている。
  • 2005年にチームが日本一になった際には、千葉ロッテマリーンズの本拠地がある千葉県放送対象地域とするラジオ局・ベイエフエムの電話リクエスト番組「BAY LINE 7300」のリクエストチャートで本楽曲が週間1位を獲得した[2]
  • 2005年には、ロッテの里崎智也がマリンスタジアム敷地内のステージにおいて当日の試合でヒーローとなった際、他選手(渡辺俊介今江敏晃など)とのセッションで本楽曲を歌唱する「スペシャルライブ」が話題となった事がある。里崎の引退試合でも、引退セレモニー終了後に歌っている。
  • 他の球団と同様に、ラッキー7においては1番のみが流されるが、2011年平成23年)3月11日に、東北地方太平洋沖地震東日本大震災)が発生し、1番の歌い出しが「勝利の喜びは大波となって」、また2番の歌い出しが「われらのアタックは火のように燃えて」となっており、津波災害を連想させることから、2011年は1番・2番共に自粛され、代わりに3番が流されていたが、2012年(平成24年)からは1番に戻っている。

脚注[編集]

関連項目[編集]