We can make it!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
We can make it!
シングル
初出アルバム『Time (#1)
ウラ嵐マニア (#2, 初回限定盤#3)』
B面 Di-Li-Li
Future(初回限定盤)
リリース
規格 マキシシングル
録音 2007年[1]
ジャンル J-POP
レーベル J Storm
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン[3]
  • 2007年5月度月間2位(オリコン)[3]
  • 2007年度上半期15位(オリコン)[3]
  • 2007年度年間27位(オリコン)[3]
  • 登場回数13回(オリコン)[3]
  • シングル 年表
    Love so sweet
    (2007年)
    We can make it!
    (2007年)
    Happiness
    (2007年)
    テンプレートを表示

    We can make it!」(ウィー キャン メイク イット)は、の19作目のシングル2007年5月2日発売。

    概要[編集]

    初回生産限定盤と通常盤の2形態で発売。

    タイトル曲はスウェーデン出身のシンガーであるAgnes Carlssonの「Love is All Around」が原曲で、新たに日本語詞とラップを加えたものである。メンバーの松本潤が主演を務めた日本テレビ系ドラマ『バンビ〜ノ!』の主題歌に使用された。2作連続、及び2クール連続のドラマ主題歌となり、松本関連のタイアップも2作連続となった。PVの監督は福井秀明。

    「We can make it!」のビデオ・クリップはこのシングルには収録されておらず、DVD『5×10 All the BEST! CLIPS 1999-2009』に収録された。

    カップリング曲「Di-Li-Li」はハウスウェルネスフーズ「C1000」CMソングであり、C1000×嵐'07キャンペーンソング。CMソングは「Kissからはじめよう」以来2作振りとなった。

    初回限定盤のみ収録の「Future」も含め、収録曲すべてに櫻井によるラップが含まれている。 アルバムも含め一つのCDの全曲のクレジットにメンバーの名前が入るのは唯一である。

    チャート成績[編集]

    2007年5月14日付オリコン週間シングルチャートにて初登場1位を獲得。初動売上は15.1万枚、累計売上は20.5万枚を記録した[3]。同チャートにおける1位獲得は嵐にとって12thシングル「PIKA★★NCHI DOUBLE」から8作連続、通算15作目となった[4]

    収録曲[編集]

    初回限定盤[編集]

    1. We can make it!
      作詞:UNITe、Rap詞:櫻井翔、作曲:Anders Wikstrom、Fredrik Thomander、編曲:鈴木雅也
    2. Di-Li-Li
      作詞・作曲:北川暁、Rap詞:櫻井翔、編曲:鈴木雅也
    3. Future
      作詞・作曲:100+、Rap詞:櫻井翔、編曲:ha-j

    通常盤[編集]

    1. We can make it!
    2. Di-Li-Li
    3. We can make it! (オリジナル・カラオケ)
    4. Di-Li-Li (オリジナル・カラオケ)

    収録アルバム[編集]

    脚注[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ 本作ブックレットに記載。
    2. ^ ゴールドディスク認定作品一覧 2007年4月(一般社団法人 日本レコード協会)2014年12月16日閲覧。
    3. ^ a b c d e f オリコンランキング情報サービス you大樹
    4. ^ “嵐、04年からの連続1位記録を“8作”に更新!”. ORICON STYLE. (2007年5月8日). http://www.oricon.co.jp/news/44398/ 2014年1月8日閲覧。