Where is Heaven

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Where is Heaven
石井竜也シングル
B面 ART IS LOVE
ART VANDALIZE
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
レーベル Sony Music Records
チャート最高順位
石井竜也 シングル 年表
はなひとひら
2011年
Where is Heaven
2011年
飛〜JUMP〜翔
2015年
テンプレートを表示

Where is Heaven」(ホエア イズ ヘブン)は、2011年11月30日に発売された石井竜也の30枚目のシングル。

解説[編集]

2011年から2012年にかけて行われた『生誕100年ジャクソン・ポロック展』のテーマソングとして発売された石井竜也のシングル。
初回限定盤には『Where is Heaven』のミュージックビデオとコンサートツアー『MOONLIGHT ORCHESTRA』のダイジェスト映像が収録されたDVD付き。また、歌詞カードが12ページに及ぶブックレット仕様となっている。なお、初回限定盤と通常盤ではジャケットが異なっている[1]
ちなみにジャケットの写真はいずれもビデオクリップ撮影後の石井の姿であり、「カッコつけているわけではなく、ただ疲れ切って座っているだけ」とのこと。帽子の手形も撮影中、帽子の位置を直す際についたものである。

収録曲[編集]

DISC 1 (CD)[編集]

  1. Where is Heaven
    作詞・作曲:石井竜也 編曲:中崎英也
    『生誕100年ジャクソン・ポロック展』テーマソング。ポロックの生き様を描いた曲。ちなみに「Heaven」は天国ではなく、「安住の地」とのこと。
    ミュージックビデオは黒いつなぎを着た石井が、ポロックの技法である「アクション・ペインティング」を使って『白地に黒いアクリル絵の具を使って描いた絵』と『黒地に白いアクリル絵の具を使って描いた絵』を描く、というものである[2]
  2. ART IS LOVE
    作詞・作曲:石井竜也 編曲:辰巳博成
    ポロックの過激性の裏にある悲しさや欲情を描いた曲。テーマソング案として石井がはじめに作った曲だが、後日「ポロックの絵の世界観とあまりにかけ離れている」と思った石井がむっくり起きで作ったのが、表題曲の「Where is Heaven」である。
  3. ART VANDALIZE
    作曲:石井竜也 編曲:辰巳博成
    インストゥルメンタル。
  4. Where is Heaven -Instrumental-
    作曲:石井竜也 編曲:中崎英也

DISC 2 (初回盤DVD)[編集]

  1. Where is Heaven Music Video
  2. MOONLIGHT ORCHESTRA コンサートDVDプレビュー

収録アルバム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 石井は初回限定盤を『白盤』、通常盤を『黒盤』と呼んでいた(『石井竜也のnicolangelo』より)。
  2. ^ 石井曰く、「ポロックの世界観を表現するのに色を使ったらおしまい」とのこと。

参考文献[編集]