Xシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Xシリーズ』(X series)は、講談社より発行されている森博嗣による推理小説の一シリーズである。シリーズの名前は各作品タイトルの真中に×があることからつけられている。

概要[編集]

同出版社より刊行されている『S&MシリーズVシリーズ四季シリーズ』サーガの番外編である。時系列は『Gシリーズ』の「ηなのに夢のよう」の後になる。

東京の美術品鑑定と探偵業を生業とする椙田事務所、改め、SYアート&リサーチの従業員たちが関わった事件の謎を追う。

ノベルスのカバーには真空管ナイフなど、作品と関連する物のレントゲン写真が使われている。

主な登場人物[編集]

小川令子(おがわ れいこ)
椙田事務所、改め、SYアート&リサーチの社員。30代で独身。前は社長秘書を勤めていたが一柳社長の急死で失職し、社長の遺産の鑑定に来ていた椙田に誘われて転職した。その好奇心のせいで何度も犯人に襲われる羽目になる。
真鍋瞬市(まなべ しゅんいち)
椙田事務所、改め、SYアート&リサーチのアルバイト。芸大生だが大学にはあまり出席していない。外見はオタクっぽいと小川には評されている。事件の際には様々な可能性を披露しながら解決に導いている。
鷹知祐一朗(たかち ゆういちろう)
個人経営の探偵。30代。ある事件で知り合ったSYアート&リサーチの従業員と度々協力し合っている。資産家の三男で、その様々な伝手から事件の調査を依頼されることが多い。
椙田泰男(すぎた やすお)
椙田事務所の所長。シリーズ開始時、57歳。滅多に事務所に顔を出さない謎多き人物。萌絵から過剰に逃げまわり、萌絵が近隣のW大学に赴任したと知るや、事務所の名称をSYアート&リサーチに変えた。
永田絵里子(ながた えりこ)
真鍋の同級生。「タカイ×タカイ」から登場。モデル等のバイトをしており、SYアート&リサーチにも「ムカシ×ムカシ」から臨時のアルバイトで雇われて事件に首を突っ込む。
西之園萌絵(にしのその もえ)
W大学大学院の助手。シリーズ開始時、27歳。他県から赴任してまもなく、ある騒動で小川と知り合う。「タカイ×タカイ」では多忙の合間を縫って事件の解決に協力した。その後、准教授に昇格する。
各務亜樹良(かがみ あきら)
椙田と密会しているのを真鍋に目撃された謎の女性。

その他S&MシリーズGシリーズからの人物も登場する。

シリーズ作品[編集]

  • イナイ×イナイ Peekaboo
    • 講談社ノベルス:2007年5月発行、ISBN 978-4-06-182531-4
    • 講談社文庫:2010年9月発行、ISBN 978-4-06-276746-0
  • キラレ×キラレ Cutthroat
    • 講談社ノベルス:2007年9月発行、ISBN 978-4-06-182555-0
    • 講談社文庫:2011年3月発行、ISBN 978-4-06-276903-7
  • タカイ×タカイ Crucifixion
    • 講談社ノベルス:2008年1月発行、ISBN 978-4-06-182578-9
    • 講談社文庫:2012年3月発行、ISBN 978-4-06-277167-2
  • ムカシ×ムカシ Reminiscence
    • 講談社ノベルス:2014年6月発行、ISBN 978-4-06-299020-2
    • 講談社文庫:2017年4月発行、ISBN 978-4-06-293604-0
  • サイタ×サイタ Explosive
    • 講談社ノベルス:2014年11月発行、ISBN 978-4062990332
    • 講談社文庫:2017年9月発行、ISBN 978-4-06-293657-6
  • ダマシ×ダマシ Swindler
    • 講談社ノベルス:2017年5月発行、ISBN 978-4062990967

関連項目[編集]

リンク[編集]