X線分光撮像衛星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
X線分光撮像衛星[1]
XRISM[1]
所属 宇宙航空研究開発機構 (JAXA)
主製造業者 NECスペーステクノロジー[1]
目的 宇宙の構造形成と銀河団の進化、宇宙の物質循環の歴史、宇宙のエネルギー輸送と循環の研究
超高分解能X 線分光による新しいサイエンスの開拓
設計寿命 3年[1]
打上げ機 H-IIA[2]
打上げ日時 未定
物理的特長
最大寸法 7.9m x 9.2m x 3.1m[1]
質量 2.3トン[1]
軌道要素
周回対象 地球
軌道 円軌道[1]
高度 (h) 550 ± 50 km[1]
軌道傾斜角 (i) 31度
観測機器[1]
SXS 軟X線分光検出器
(Resolve, a soft X-ray spectrometer)
SXI 軟X線撮像検出器
(Xtend, a soft X-ray imager)

X線分光撮像衛星[1](えっくすせんぶんこうさつぞうえいせい)、XRISM(クリズム[3]、X-Ray Imaging and Spectroscopy Mission)は、宇宙航空研究開発機構 (JAXA) が2021年度打上げを目標に開発中のX線天文衛星[1]

概要[編集]

2016年に姿勢制御系の不具合のため短期間で運用終了したX線天文衛星「ひとみ」の代替機として計画された[1]。プリプロジェクトの段階では「X線天文衛星代替機 (X-ray Astronomy Recovery Mission: XARM)」という仮称で呼ばれていたが、プロジェクト移行時に「X線分光撮像衛星」と変更された[1]。他の日本の人工衛星と同様に名称を公募するかについては未定[4]

ひとみと同じく国際協力ミッションであり、アメリカ航空宇宙局 (NASA) を中心に欧州宇宙機関 (ESA)、オランダ宇宙研究機関 (SRON) が軟X線分光検出器 (SXS) を開発する[1]。ひとみに搭載されていた硬X線関連や軟ガンマ線の観測機器は搭載されず、軟X線に絞った構成となっている[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]