XDarwin

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
XDarwin
WindowmakerFS Xdarwin.jpg
XDarwinで動作するWindow Maker
開発元 XonX
対応OS Mac OS X
サポート状況 Discontinued
種別 ディスプレイサーバ
テンプレートを表示

XDarwinは、オペレーティングシステムMac OS XおよびDarwin上で動作するために移植されたX Window Systemをサポートするディスプレイサーバであった。これらのオペレーティングシテム上でX11のために書かれたプログラムの使用を可能にした。

XDarwinはXFree86開発者らによって作られた分派プロジェクトであるXonXプロジェクトによって移植された。XFree86Xorg両サーバの上流ソースコードにおいて統合されている。

元々は、XDarwinは動作するためにXウィンドウマネージャを必要とした。このタスクのために、OroborOSX[1]と呼ばれるウィンドウマネージャが作られた。これは別のXウィンドウマネージャであるOroborusを基にしていたが、ネイティブのMac OSウィンドウマネージャらしく見えるように改良された。XDarwinのより最近のバージョンはルートレースモードでも作動できる。つまり、Xのためにこういったプログラムを区別に必要とする代わりにネイティブのウィンドウマネージャと統合されている。

アップルX11.appの導入前は、XDarwinがOS Xのために唯一のX11サーバであった。XonXプロジェクトによれば、X11.appそれ自身がXDarwinからのコードを含んでいる。OpenOffice.orgといったプログラムはX11ウィンドウ環境(ルートレースあるいはフルスクリーンモードのどちらか)において動作するためにXDarwinを使用する。

出典[編集]

  1. ^ Adrian Umpleby. “Modified Oroborus for Mac OS X”. 2019年5月28日閲覧。

関連項目[編集]