XIOM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Champion
略称 XIOM
事業内容 卓球用品製造販売
外部リンク XIOM Japan
テンプレートを表示

XIOM(エクシオン)は、韓国卓球用品メーカーであるChampion社が発売しているブランド。

製品[編集]

主にラケット、ラバーなどの卓球用品を取り扱っている。日本においては、VICTAS取扱店にて取り扱っている。

ラケット[編集]

他の卓球用品メーカーと同様に、シェークハンド、中国式、ペンホルダーを販売している。檜単板のペンホルダーについては、板材の質に影響されるために品質のばらつきが大きいことから、品質によってグレード分けされており、購入する際の指標として用いられる。

ラバー[編集]

ドイツで製造されているものが多い。
主力ラバー製品には、ギリシャ文字の名称が用いられていることが多い(シグマ、ゼータ、オメガなど)。主なラバーの多くはTENSOR(テンゾー)規格に準規しており、オメガシリーズとゼータなどは、TENSOR(テンゾー)規格とBIOS(バイオス)規格に準規している。スポンジが柔らかい仕様の製品をヨーロピアンスポンジ、やや硬い仕様の製品をアジアンスポンジ、硬い仕様の製品をプロスポンジなどとして区別している。

オメガシリーズ[編集]

XIOMから発売されているラバーの中で、オメガシリーズは「究極のラバー」として位置づけられている。性能の高さや寿命の長さなどから、タマスのテナジーシリーズと並んでノングルーラバーの中では人気が高い。

OMEGA I
オメガシリーズの初代モデルで、パッケージの色は青。オメガシリーズの中でもコントロール重視のラバーである。2007年の日本進出の際に市場には投入しておらず、後に発売された廉価版のゼータとは、価格面や性能などで対抗の余地がないことなどから、2018年現在においても日本では発売されていない。
OMEGA II
パッケージの色は赤。2007年の日本進出において、このラバーのみで市場に投入された。キャッチコピーは「野獣になれ」。
OMEGA III
パッケージの色は黒で、日本においても発売された。ノングルー時代に対応するために開発され、今までプロ選手が何度もグルーを重ね塗りをすることによって得ていたグルー効果を再現している。開発には柳承敏が関わっている。
OMEGA IV
エリート・プロ・アジア・ヨーロッパの4種類があり、パッケージの色は順番に青・黒・シルバー・白。

ヴェガシリーズ[編集]

価格面や、種類の豊富さなどから中級者〜上級者の使用率が多い.性能も高いことから根強い人気がある.