XMedia Recode

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
XMedia Recode
開発元 Sebastian Dorfler
最新版 v3.4.3.6 / 2018年5月31日(14か月前) (2018-05-31
対応OS Windows 7
Windows 8
Windows 8.1
Windows 10
対応言語 日本語
ドイツ語
英語
フランス語
イタリア語
ポルトガル語
ポーランド語
ロシア語
種別 エンコーダ
ライセンス フリーウェア
公式サイト xmedia-recode.de
テンプレートを表示

XMedia Recode(エックスメディアレコード)はフリーのエンコーダ。動画や音声を様々な形式に変換することができる。

概要[編集]

FFmpegなどのコーデックを内包するフロントエンドとして開発されているオールインワン型の動画変換ソフトで、インストーラー版とポータブル版が配布されている。標準で日本語にも対応する。

DVD/Blu-rayディスクの解析やファイルの読み込み、複数ファイルの一括変換が可能。エンコードを伴わないコンテナ形式の変換などにも対応する。一部の環境ではハードウェアエンコーダーも利用できる。

最新コーデックに追従するためバージョンアップの頻度は比較的多い。

2016年1月18日リリースの3.2.8.0以降は、Windows XPWindows Vistaはサポートされなくなった。(このため3.2.7.1が最終バージョンとなる)

安定版や開発版といった分類はないが3.3.3.8や3.3.5.8は比較的安定している。

対応形式[編集]

コンテナ

AVI, MP4, MPEG-2システム, Matroska(WebM), Ogg, Flash Video, MOV, WAV, RealMedia

動画

MPEG-4 Part2, MS-MPEG4 V2~V3, DV, H.261, H.263, H.264/MPEG-4 AVC(x264), H.265/HEVC(x265), Huffyuv, Motion JPEG, MPEG-1, MPEG-2, Theora, VP8~VP9, WMV7~8, RealVideo

音声

AAC, AC-3, MP2, MP3, Vorbis, WMA7~8, Opus, Speex, PCM, DTS, WavPack, RealAudio