XXCLUB

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
XXCLUB
メンバー 大島育宙
大谷 小判♀
結成年 2016年
事務所 タイタン
影響 爆笑問題
出会い 大学のお笑いサークル
現在の活動状況 ライブ
芸種 漫才
ネタ作成者 大島育宙
同期 まんじゅう大帝国ペコリーノ
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
第5回関東大学生お笑いグランプリ2016 優勝
大学生お笑いコンテストVol.3、Vol.5、Vol.6、Vol.8 優勝
2017年 大宮新人グランプリ審査員賞
テンプレートを表示

XXCLUB(ちょめちょめくらぶ)[1] は、タイタンに所属するお笑いコンビ。

メンバー[編集]

大島育宙(おおしま やすおき、 (1992-12-17) 1992年12月17日(26歳) - )ボケ担当。立ち位置は向かって左。

大谷小判♀[6] (おおたに こばん、 (1994-10-27) 1994年10月27日(24歳) - )ツッコミ、一発ギャグ担当。立ち位置は向かって右。

  • 広島県出身。修道高等学校明治大学文学部史学地理学科卒業。旧名、大谷ふみたか(本名:宜至)。
  • 黒いおかっぱ頭に黒縁眼鏡という往年の大木凡人のような風貌で、オーバーオールを身に纏っている。
  • 小学生の頃に、爆笑問題のバク天!を見てお笑い芸人を志すようになった[4]
  • 見た目にインパクトをつけるため、相方の命令により30kg以上太らされた[7]
  • 一発ギャグ担当と言っているが、1年間で2個しか作っていない[注 1][8]
  • 兄も学生芸人として活動していたことがあり、現真空ジェシカのガク カワマタと「スーパーテイスティーブラザーズ」というコンビを組んでいた。
  • BSフジの番組『冗談手帖』の中で、大谷ふみたかから大谷小判♀に改名。ある占い師に「人間が付けていい画数じゃない」と言われたことがきっけけだったという[9]

概要[編集]

  • 大島は早稲田大学お笑い工房LUDO、大谷は明治大学お笑いサークル木曜会Zの出身。2015年、大学のお笑いサークルのつながりで知り合い、当時からいろんな大会で優勝していた大島を大谷が誘い、プロを目指すことを目標にコンビを結成[10][11]
  • 大学生お笑いコンテストでは、Vol.3、Vol.5、Vol.6、Vol.8で優勝、Vol.2、Vol.7で2位。
  • 2016年、第5回関東大学生お笑いグランプリ2016で優勝[12]
  • 同年、アマチュアながら、M-1グランプリ2016で3回戦まで進出。
  • 2017年1月、タイタンの預かりになり、翌月にタイタンライブに初出演した[13]
  • オールナイトニッポンのオーディションのために作ったLINE LIVEのチャンネルがあり、当初は出演番組を自ら実況をしていたが、最近は、大島が一人で、あるいは、芸人やライターをゲストに呼んでトークをしたり、芸人数名と大喜利をしたりしている[14]

芸風[編集]

主に漫才。大島の低音・美声を生かしたネタが多い。時事ネタを取り入れることもある。バラエティ番組出演時とは違い、漫才では学歴ネタを使うことはほぼない[15]

エピソード[編集]

  • XXCLUBのタイタンの預かりが決定した際、そのことをLINEで知った先輩の瞬間メタルのタケタリーノ山口は、米米CLUBが事務所に入って来ると思い込んでおり、相方の前田ばっこーに指摘されるまで気がつかなかった[16]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

インターネット配信[編集]

ライブ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 代表例・グーチョキパーで何つくろうからステップを踏む、そして、ヘリコプターを作り出す、など

出典[編集]

  1. ^ 「XX」と「CLUB」の間は空けずに表記するのが正しい。[1] - 2017年1月11日の大島のツイートより。
  2. ^ 【ユースなう!Vol.30】なんでアナタは芸人に!?学生芸人徹底調査!
  3. ^ TVでた蔵 さんまの東大方程式 2017年3月1日放送
  4. ^ a b c d "【ビッくらぼんの365日・芸人日記(244)】豊富な知識力でブレーク目指す東大大学院&明大卒の高学歴コンビ、XX(ちょめちょめ)CLUB".サンスポ(2017年1月9日).2017年2月7日閲覧。
  5. ^ 「高学歴芸人」が続々 東大院生は二刀流に挑む
  6. ^ 2017年8月16日放送の「冗談手帖」で、大島の案の中から鈴木おさむが選び「大谷小判」として活動を始めたが、大谷自身や相方の大島の不調が続き、別番組の企画で占い師に見てもらったところ、画数が最悪だったことがわかり、2018年4月4日放送の「冗談騎士」で、鈴木に相談して「♀」を付け加えた。 - 2017年8月16日2018年4月5日 の大谷のツイートより。
  7. ^ 「冗談手帖」2017年4月19日放送分。
  8. ^ K-PRO主催「実験ライブ}にて本人が追記
  9. ^ SHOW COM! 2019.5 Vol.29「特集『新元号記念!改名の理由はなんですか!?』」
  10. ^ "【ビッくらぼんの365日・芸人日記(244)】豊富な知識力でブレーク目指す東大大学院&明大卒の高学歴コンビ、XX(ちょめちょめ)CLUB".サンスポ(2017年1月9日).2017年2月7日閲覧。
  11. ^ ただし、この時、大島は大谷以外の相手ともいろんなコンビやトリオを組んでいた。
  12. ^ "2016年度 決勝の結果発表".(2016年9月4日).2017年2月7日閲覧。
  13. ^ "1月にタイタン所属となったXXCLUB、いきなり「タイタンライブ」登場".お笑いナタリー(2017年1月24日).2017年2月7日閲覧。
  14. ^ XXCLUB(チョメチョメクラブ)チャンネル - LINE LIVE より。
  15. ^ 最初期は漫才のつかみとして大学名を名乗っていたが、受けないのですぐにやめた。
  16. ^ XXCLUBと接吻 - ウエストランド・井口のぐちラジ! #711 より。
  17. ^ 素人時代
  18. ^ 第100回 デモクラTV「奔走20代 くたちに月曜日はくるのか!?」 (2017.02.05) より。