Y-12 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Y12E

Y-12中国語:运-12 pinyin: Yun-12英語:Harbin Yunshuji Y12)とは、中華人民共和国(中国)が生産する高翼双発の多用途ターボプロップ輸送機である。製造は黒竜江省ハルビンにある哈爾浜飛機製造公司(HAMC)[1]

開発[編集]

中国が開発したY-11レシプロ双発輸送機の拡大改良型であり、原型機は1984年8月16日に初飛行し、12月には中国政府から型式証明を受領した。

設計[編集]

体はY-11と同じく、高翼配置の主翼を持つ機体である。主翼は半片持ち式のため、支柱により支えられている。胴体断面は箱形で乗客数はY-11が7名であったものが大型化されたことで17名へと増加した。また乗客のかわりに1,700-1,900kgの貨物を搭載することもできる。脚は引き込み式に改良された[1]

エンジンはターボプロップエンジンに換装され、アメリカ製のプラット・アンド・ホイットニーカナダ PT6A-27を装着している。初期型は500軸馬力であったが、後期型は680軸馬力に出力が向上している。

運用[編集]

2016年にはアメリカ連邦航空局(FAA)からも型式証明を受領し、米露を含む30ヶ国以上で運用されている[1]。様々な派生型が開発されており既に120機以上が生産され、中国国内以外にも南太平洋諸国などでコミューター路線に就航しているほか、軍隊で軽輸送機として導入されている。

諸元 (Y12-II)[編集]

運用者[編集]

軍事用使用国[編集]

民間用使用国[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 田辺義明「最新・中国航空・軍事トピック 運12F」 『航空ファン』2019年5月号(通巻797号) 文林堂 P.124-125