Y-20 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

Y-20 (中国語:运-20 “鲲鹏”)

2016年の中国国際航空宇宙博覧会で飛行展示のY-20

2016年の中国国際航空宇宙博覧会で飛行展示のY-20

Y-20中国語运-20/運輸-20)は西安飛機工業公司が開発した大型輸送機である。開発名称は「072プロジェクト(中国語:072工程)」[3]

概要[編集]

2012年12月25日、中国網がY-20の画像が流出したと報じた。公開された画像と情報によると、外観や大きさはウクライナAn-70(ただしAn-70はターボプロップ機)やロシアIl-76に似ている[4]

2013年1月26日、初飛行に成功したと公表された[5]

2015年10月26日、Y-20の試作5号機に開発中のWS-20ターボファンエンジンが搭載されていたと公表された[6]

2016年7月6日、正式運用を開始すると発表された[7]

2020年4月24日、パキスタン新型コロナウイルス対策を支援するためにパキスタンへ医療チームと物資を輸送した。Y-20が国外で輸送任務を行った初めての事例となる[8]

設計[編集]

2016年の中国国際航空宇宙博覧会で飛行展示されたY-20

デザインは下反角のついた高翼配置、大型の単垂直尾翼、高水平尾翼配置の、輸送機としてはオーソドックスなものである。過去にアントノフと中国でAn-70ジェット化したAn-77を共同開発する計画があり[9]、胴体形状がAn-70に似ているのはそのためと思われる。

プロトタイプのエンジンはIl-76と同じ、ロシア製のソロヴィヨーフ D-30KP-2(推力12トン)ターボファンエンジンを輸入してパイロン懸吊方式で4基装備している[10]。しかしD-30KPではやや推力不足であり、将来的に換装されるとみられている。候補としては国産のWS-20(推力12トン)とSF-A(推力13トン)が上がっており、試作5号機がWS-20を搭載したとされている[5]。しかし、WS-20に関しては出力不足という意見もある[11]。そのほか、ウクライナとのエンジン開発も用意されている[3]

Y-20は、主翼に超臨界翼を採用し、複合材料の使用比率を高める可能性があるとしている。これにより軽量化を図り、上昇能力を強化し、揚抗比を高め、エンジンの推力と最大離陸重量を変更せずに、搭載量を増やすことが可能としている。ボーイング787のようにコックピットには全曲面ガラスを採用している[12]

Y-20は貨物室の高さと幅をAn-70並の4メートル、貨物室の容積を320m2まで拡大し、今後輸送することになる大型貨物に対応するとしている[13]

Y-20は生産・製造コストを抑えるため、いくつかの部品を3Dプリンターにより製造している。3Dプリンターによる大型部品を使用した輸送機はY-20が初めてである[14]

諸元[編集]

  • 全長:47 m
  • 全幅:50 m
  • 全高:15 m
  • 最大速度:700~918km/h(諸説あり)
  • 巡航速度:M0.75(高度不明)
  • 最大離陸重量:179 t
  • 最大積載量:55t[15]
  • 最大航続距離:7,500 km
  • 上昇限界高度:13,000 m
  • 最短離陸滑走距離:600-700m[16]
  • エンジン:ソロヴィヨーフ D-30KP-2(12トン)4基
主な大型輸送機の比較
アメリカ合衆国の旗C-5B アメリカ合衆国の旗C-17 ロシアの旗Il-76MD ウクライナの旗An-124 ウクライナの旗An-225 中華人民共和国の旗Y-20
画像 C5 Galaxy - RIAT 2007 (2872958935).jpg Boeing C-17A Globemaster III, NATO - Strategic Airlift Capability JP6919866.jpg Ильюшин Ил-76-78-А-50 1003402044, Тверь - Мигалово RP93349.jpg 224th Flight Unit Antonov An-124 Kustov.jpg Antonov An-225 Beltyukov-1.jpg Xian Y-20 at the 2014 Zhuhai Air Show.jpg
乗員 2 - 5名 2 - 4名 5名 4 - 6名 6名 3名
全長 75.3 m 53.0 m 53.19 m 68.96 m 84.0 m 47.0 m
全幅 67.89 m 51.8 m 50.5 m 73.3 m 88.74 m 50.0 m
全高 19.84 m 16.8 m 14.45 m 20.78 m 18.1 m 15.0 m
空虚重量 170 t 128.1 t 175 t 285 t 100 t
基本離陸重量 263 t 600 t
最大離陸重量 381 t 265.35 t 210 t 405 t 640 t 179 t
最大積載量 122.472 t 77.519 t 52 t 150 t 250 t 55 t
発動機 TF39×4 F117-PW-100×4 PS-90A-76×4 D-18T×4 D-18T×6 D-30KP-2×4
ターボファン
巡航速度 833 km/h 830 km/h 800 km/h 800 – 850 km/h 800 km/h 810 km/h
航続距離 122 t / 4,445 km 0 t / 9,815 km
72 t / 4,630 km
40 t / 5,000 km
52 t / 4,200 km
0 t / 15,000 km
150 t / 3,700 km
600 t / 4,000 km 0 t / 7,500 km
最短離陸滑走距離 1,600 m 1,000 m 1,800 m 2,520 m 600 - 700 m
運用状況 現役


主な軍用輸送機の比較
日本の旗C-2 欧州連合の旗A400M アメリカ合衆国の旗C-17 中華人民共和国の旗Y-20 アメリカ合衆国の旗C-130J ブラジルの旗KC-390 ウクライナの旗An-178 ロシアの旗Il-276
画像 Kawasaki C-2 ‘78-1206 206’ (47792100432).jpg Airbus A400M 5D4 0638 (28854385597).jpg Boeing C-17 Globemaster III (8130940943).jpg Y-20 at Airshow China 2016.jpg C-130J 135th AS Maryland ANG in flight.jpg Farnborough Airshow 2018 (43426030302).jpg Antonov An-178 in military grey colours.jpeg MTS Il214 maks2009.jpg
乗員 3名 3-4名 2-4名 3名 3-6名 2名 3名 2名
全長 43.9 m 45.1 m 53.0 m 47.0 m 29.79 m 33.43 m 32.95 m 33.2 m
全幅 44.4 m 42.4 m 51.8 m 50.0 m 40.41 m 33.94 m 28.84 m 30.1 m
全高 14.2 m 14.7 m 16.8 m 15.0 m 11.84 m 11.43 m 10.14 m 10.0 m
空虚重量 60.8 t 76.5 t 128.1 t 100 t 34.25 t - 48.5 t -
基本陸重量 120 t - 263 t - 70.305 t - - -
最大離陸重量 141 t 136.5 t 265.35 t 179 t 79.38 t 81.0 t - 68.0 t
最大積載量 32 t(2.5G)
36 t(2.25G)
30 t(2.5G) 77.519 t 55 t 19.050 t 27 t 18.0 t 20.0 t
発動機 CF6-80C2K1F×2 TP400-D6×4 F117-PW-100×4 D-30KP-2×4 AE2100-D3×4 V2500-E5×2 D-436-148FM×2 PD-14M×2
ターボファン ターボプロップ ターボファン ターボプロップ ターボファン
巡航速度 マッハ0.80
890 km/h
(高度12,200 m)
マッハ0.68-0.72
781 km/h
(高度9,450 m)
マッハ0.74
83 0km/h
(高度8,530 m)
マッハ0.75 マッハ0.59
671 km/h
(高度6,700 m)
マッハ0.80
850 km/h
マッハ0.77
825 km/h
マッハ0.75
810 km/h
航続距離 0 t/9,800 km
20 t/7,600 km
30 t/5,700 km
36 t/4,500 km
0 t/8,710 km
20 t/6,390 km
30 t/4,540 km
0 t/9,815 km
72 t/4,630 km
0 t/7,500 km
0 t/6,445 km
16.3 t/3,150 km
13.335 t/4,815 km
27 t/2,593 km
0 t/5,500 km
5.0 t/4,70 0km
18.0 t/1,000 km
0 t/7,300 km
4.5 t/6,000 km
20 t/3,250 km
最短離陸滑走距離 500 m 770 m 1,000 m - 600 m - - 1,050 m
運用状況 現役 実用試験中 開発中


性能[編集]

中国網はY-20の性能を「総合性能はアメリカ空軍C-17の60%のみだ。」としながらも、「Y-20の高い航続能力は、中国の戦略物資輸送能力に質的な飛躍をもたらした。中国人民解放軍はY-20の持つ高い性能により、より多くの軍事任務をこなすことができる。」としており、Y-20の開発、運用の経験がもたらすものは大きいとしている[17]

脚注[編集]

  1. ^ “美媒:中国已造出8架运-20运输机 单价2.5亿美元”. 搜狐军事. (2016年7月13日). http://mil.sohu.com/20160713/n459055040.shtml 
  2. ^ 9架运20下线占满厂区!最终将造百架:国产大飞机生产迅猛
  3. ^ a b 深度:乌克兰帮运20研制成功 俄后悔没多卖中国运输机
  4. ^ “中国初の国産大型軍用輸送機Y-20 米C-17と20年の技術差”. 中国網. (2012年12月26日). http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2012-12/26/content_27518957.htm 2012年12月27日閲覧。 
  5. ^ a b 我国自主发展的运—20大型运输机首次试飞取得圆满成功
  6. ^ 鲲鹏翼下生旋风:谈涡扇20版运20的成功首飞
  7. ^ 运-20大型运输机正式列装空军部队
  8. ^ 运20首次飞出国门的背后 将会常飞巴基斯坦执行任务|巴基斯坦|运-20|新冠肺炎_新浪军事_新浪网”. mil.news.sina.com.cn. 2020年11月1日閲覧。
  9. ^ Y-20 / Y-XX - Antonov Participation
  10. ^ China's Y-20 'enters second phase of testing'
  11. ^ 中国が開発中のターボファンエンジンは4型式
  12. ^ “运20运输机用全曲面风挡玻璃 机头阻力减小”. 凤凰网. (2013年3月21日). http://news.ifeng.com/mil/video/detail_2013_03/21/23351895_0.shtml 2014年7月5日閲覧。 
  13. ^ “中国 世界3番目の大型輸送機試験飛行国に”. 中国網. (2012年12月5日). http://japanese.china.org.cn/photos/2012-12/05/content_27316865.htm 2013年1月2日閲覧。 
  14. ^ 央视首次曝光运20运输机驾驶舱内部珍贵画面
  15. ^ 运-20最大起飞重量179吨,载重55吨,换装涡扇20后会有多大提升_发动机” (英語). www.sohu.com. 2020年10月17日閲覧。
  16. ^ “Y-20が初飛行 最短離陸距離は600メートルのみ”. 中国網. (2014年2月10日). http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2014-02/10/content_31423096.htm 2014年7月5日閲覧。 
  17. ^ “中国初の国産大型軍用輸送機Y-20 米C-17と20年の技術差”. 中国網. (2012年12月26日). http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2012-12/26/content_27518957.htm 2017年12月22日閲覧。 

関連項目[編集]

  • An-70
  • Il-76
  • C-17
  • Y-9 - Y-8の後継機。Y-20とともに運用される中国の新型中型輸送機。