YCC ヨコハマ創造都市センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
YCC ヨコハマ創造都市センター
YCC ヨコハマ創造都市センター:正面
YCC ヨコハマ創造都市センター:正面
情報
通称 YCC
正式名称 YCC ヨコハマ創造都市センター
延床面積 2064.45m²
設備 カフェ、ギャラリー、コワキングスペース、ファブラボ、レンタルスペース
運営 特定非営利活動法人 YCC
所在地 231-8315
神奈川県横浜市中区本町6-50-1
位置 北緯35度27分0.8秒 東経139度38分6.5秒 / 北緯35.450222度 東経139.635139度 / 35.450222; 139.635139座標: 北緯35度27分0.8秒 東経139度38分6.5秒 / 北緯35.450222度 東経139.635139度 / 35.450222; 139.635139
アクセス 横浜高速鉄道みなとみらい線馬車道駅直結(1b出口)徒歩0分、JR桜木町駅 徒歩5分、JR関内駅徒歩7分
公式サイト yokohamacc.org
YCC 2F コワーキングスペース キャンバス

YCC ヨコハマ創造都市センター(わいしーしーよこはまそうぞうとしせんたー)は、横浜市中区(馬車道駅直結)に位置するクリエイティブ活動の拠点。横浜市が推進する「創造都市」[1]施策の中心的役割を担う施設であり、創造界隈の拠点のひとつでもある。 2015年4月より特定非営利活動法人 YCC[2]が運営を開始し、デザイナーやアーティストなどクリエイティブ分野の人々だけでなく、学生、主婦、子供、年輩の方、地元企業や起業家など、さまざまな人々に開かれた施設として2015年6月30日にリニューアルオープンした。YCC施設内には、カフェ、ギャラリー、コワーキングスペース(シェアオフィス)、イベントスペース、ファブラボ、レンタルスペースなどさまざまな機能が備わり、クリエイティブ分野の人々だけでなく、一般の人々も気軽に入れる施設を目指すとしている。

2014年12月に横浜市文化観光局によって実施されたYCCの運営事業者プロポーザルによって、株式会社トーンアンドマター、オフソサエティ株式会社、デザイニト株式会社、一般財団法人セゾン現代美術館の4組織の連合体が最優秀となり、特定非営利活動法人 YCC (NPO YCC) を結成。プロポーザルでは、デザイン、アートなど各分野で活躍する組織の集合体が、最優秀となったことで話題となった。長田哲征(オフソサエティ株式会社)[3]が館長および代表理事に、広瀬郁(株式会社トーンアンドマター)[4]が長田と共同の代表理事に、伊東祥次(デザイニト株式会社)[5]が理事に就任し、運営を行っている。

機能[編集]

1階:ギャラリー、カフェ オムニバス[6]
2階:コワーキングスペース キャンバス(会員制シェアオフィス)[7]
3階:イベントスペース、 ファブラボ・ベータ・馬車道[8]
地下1階:イベントホール 80 m2(収容人数:50名程度)

レンタルスペース[編集]

横浜市所有の歴史的建造物である本施設を、広く市民に利用してもらうという考え方の元、レンタルスペース事業も実施している。

YCC レンタルスペース事業[9]
1階ギャラリー(300m2、収容人数:200名程度、着席時100名程度)
3階イベントスペース(レンタルスペース 300m2、収容人数:200名程度、着席時120名程度)

建築物と活用の経緯[編集]

1929年に「第一銀行横浜支店」として建造。列柱を並べた半円形のバルコニーが特徴である古代ローマの建築様式「トスカーナ式オーダー」の建物である。2003年の移転・改築を経て、2004年横浜市が推進する歴史的建造物を活用した芸術文化創造の実験的プログラム(都心部歴史的建造物活用事業)によって再活用が開始。

2009年1月の横浜市「『文化創造都市-クリエィティブシティ・ヨコハマ』の形成に向けた提言」[10]を受け、2009年5月より文化芸術創造都市・横浜の推進拠点として運営が開始された。横浜の代表的な歴史的建造物「旧第一銀行横浜支店」の一部を活用した横浜市認定歴史的建造物でもある。本施設は、2004年に「BankArt1929 Yokohama」が「都市部歴史的建造物活用事業」の第一号として運営が開始され、2009年からは横浜市芸術文化振興財団が運営を行った。2015年からは、横浜における新たなクリエイティブ拠点として、特定非営利活動法人 YCCが運営を開始。ギャラリー、カフェ、コワーキングスペース、ファブラボなどの機能を備えた複合施設となった。

歴史[編集]

  • 1929年(昭和4年):第一銀行の横浜支店として竣工。第一銀行設計課長の西村好時氏による設計。
  • 1972年(昭和47年):横浜銀行本店別館。
  • 1995年(平成7年):「ヨコハマ創造都市センター」として、先端半円の部分のみ曳家一部残存改修。
  • 2003年(平成15年):オフィス高層棟を増設。
  • 2009年(平成17年):「ヨコハマ・クリエイティブシティ・センター(YCC)」設立。
  • 2010年(平成18年):「ヨコハマ創造都市センター」設立。
  • 2015年(平成27年):運営団体が特定非営利活動法人 YCCへと変更。これに伴い、施設名称が「YCC ヨコハマ創造都市センター」へと変更された。

アクセス[編集]

  • 横浜市営バス
    • 馬車道駅前バス停下車徒歩1分(8・20・21・58・148系統)
    • 横浜第二合同庁舎バス停徒歩3分(26系統・赤いくつ号)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 横浜市文化観光局 創造都市トップ
  2. ^ 特定非営利活動法人 YCC
  3. ^ オフソサエティ株式会社
  4. ^ 株式会社トーンアンドマター
  5. ^ デザイニト株式会社
  6. ^ カフェ オムニバス
  7. ^ コワーキングスペース キャンバス
  8. ^ ファブラボ・ベータ・馬車道
  9. ^ YCC レンタルスペース
  10. ^ クリエィティブシティ・ヨコハマのこれまでとこれから編集委員会 編「クリエィティブシティ・ヨコハマのこれまでとこれから」p.12 発行:BankART 1929 ISBN 978-4-902736-14-4

関連項目[編集]