YM2610

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

YM2610(FM Operator type N-B, OPNB)は、日本楽器製造(現・ヤマハ)が開発した音源チップである。 同一チップ内にSSG音源FM音源ADPCM音源といった複数の音源が搭載されている。 F2システムネオジオなどのアーケード基板で使用された。

構成[編集]

  • 4オペレータFM音源 4音
    • FX-Aシステムなどで使われたYM2610Bでは6音に拡張されている。
  • SSG音源 3音
  • ノイズ 1音
  • ADPCM-A 6音 再生周波数は18.5 kHzのみで音程を変えることはできない[注釈 1]
    • もっぱらドラムや効果音などに使われていたが、メモリ内に音程が違う音色を複数用意することで疑似的に音色を変えたものもある[注釈 2]
  • ADPCM-B 1音 再生周波数は2 kHz - 55.5 kHzの範囲で設定できるため、音程を変える事が可能である[注釈 3]
  • タイマー 2系統
  • LFO

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ YM2608のリズム音源について外部メモリから波形を参照する設計としたものである。
  2. ^ MSM6295など他の周波数固定ADPCM音源でも同様の手法を用いたものがある。
  3. ^ YM2608のADPCMと同様。

出典[編集]

関連項目[編集]