Yahoo! BB

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Yahoo! BB(ヤフー ビービー)は、ソフトバンク株式会社が提供する、インターネットサービスプロバイダ(ISP)サービスとADSLブロードバンドインターネット接続とを統合したサービスの商標である。

本項目では、光コラボレーションとISPサービスとを統合してソフトバンク株式会社が提供しているサービス「SoftBank光」についても説明する。

概要[編集]

低価格戦略やIP電話のBBフォンといったサービス面での差別化に加え街頭でのADSLモデム無料配布や大量宣伝が効果をあげ、2005年(平成17年)12月現在、ADSLで日本国内最多の加入者を有する。急速な拡大路線によるインセンティブの急増により一時2000億円を超える大幅な赤字を出したが、2005年(平成17年)にはユーザ数の急増などによりADSL事業自体は単年度黒字化している[1]

2003年4月1日から2004年12月20日までの間、兵庫県神戸市にあるプロ野球オリックス・ブルーウェーブ(現:オリックス・バファローズ)の本拠地球場「グリーンスタジアム神戸」は、命名権(ネーミングライツ)導入により「Yahoo! BBスタジアム」と呼称されていた(現在は「ほっともっとフィールド神戸」)。詳細は神戸総合運動公園野球場の項目を参照。

Yahoo! BB[編集]

Yahoo! BBは、ベストエフォートADSLによる50・26・12・8Mbpsの下り回線速度で、そして電話回線収容局から遠いユーザーなどにはリーチDSLによる接続とセットにしたISPを提供している。

採算悪化による企業統合などにより、傘下の企業のサービスを合わせると、日本国内でADSL接続事業を行っている企業としては最大手で2014年時点で65%以上のシェアを誇っている。設備の老朽化と、ADSLの契約件数が最盛期の2割程度にまで縮小したことによる採算悪化による競合他社のサービス終了や新規サービス受付終了が相次ぐ中で、今後の去就が注目されている。

半固定IPアドレス(DHCPによる付与)などの仕様。モデムについては、フォックスコンに生産委託している物を同社が提供している。レンタル・買取が選択できるが、買取は47,520円と高額である。なお、市販のモデムは使えない。

ホワイトBB[編集]

ホワイトBB[2]ソフトバンクを受付、料金の支払い窓口とするADSLで、ソフトバンクBBから回線サービス提供を受けているものだが、メールアドレス提供がないなどYahoo!BBとは異なる。ソフトバンクモバイルの携帯電話かスマートフォンの契約が前提で、料金は携帯、スマートフォンと合算して引き落としがされる。通信速度が50Mbps固定である上に、Yahoo!BBのように解約金も発生しない。ソフトバンクはスマートフォンの割引「スマホBB割」[3]の加入条件としてホワイトBBの契約を必要とするようにした。一部ケーブルテレビ、九州地区のBBIQ、プロバイダのSo-netが運用するNURO光など、光回線の固定電話の加入でも契約は可能だがホワイトBB加入が圧倒的に多い。スマホBB割に加入するとスマートホンの料金が最大1522円引きになるため、NTTのフレッツ光を解約してホワイトBBを契約する人が続出した。 ソフトバンクは、新サービスのスマ放題の導入にともなって、ホワイトプランでのスマホBB割は2014年11月30日で新規加入受付を終了するとしている。スマ放題に契約変更すればスマホBB割は適用になるが、KDDIのスマートバリューとは異なり、1522円の割引は2年で終了する。

インターネット料金が月額1886円(税込2036円)と宣伝しているが、その下に小さく表記があり、電話加入権がある場合の料金である。要するにNTTのアナログの固定電話を契約し開通している場合であり、固定電話がない場合ADSL専用線での契約となるため、税込3785円となる。 携帯電話、スマートホンの利用者は電話加入権は所持していない場合も多いので、注意が必要である。電話加入権があっても固定電話の費用として月1700円程度かかるため、トータル的な費用はどちらもほぼ同じとなる。

SoftBank光[編集]

Softbank光は、光コラボレーションを利用して光回線を自社のサービスとして提供し、プロパイダ料金も込みで提供している。2015年2月から事前受付を開始、2015年3月より提供を開始した。

毎月の費用は戸建のタイプが5200円、集合住宅(マンション)タイプが3800円である。YahooBB基本サービスというオプションが付加されるが、これはYahooウォレットとyahooBBの特典、専用のメールアドレスを使用するためのもので月300円かかる。携帯電話の割引を受けるためには、ソフトバンク光が指定するオプションで光BBユニット467円、wifiマルチパック990円、BBフォン(基本料無料)の4つが抱きあわせになるため、実質的な費用はそれぞれ、1757円加算になる(いずれも税抜き)が携帯とのセット割「おうち割 光セット」を組むことにより全てまとめて500円になる。携帯電話とスマートホンの割引は「スマート値引き」[4]となっているが2013年に一部の地域で試行的に行われたことがある。スマート値引きは2016年1月に「おうち割光セット」に名称が変更になった。

現状のホワイトプラン+パケットし放題フラット、スマートホンは4GLTEの契約で1522円引、スマ放題+1GB、2GBのデータ定額パックは500円引。スマ放題+5GBから20GBのデータ定額プランで1522円引、スマ放題+データ定額プラン30GBで2000円引である(いずれも税込み)

要するに毎月支払う費用が高いほど割引も大きく、割引期間は2年間だが、2年以上でも最低500円、最高1008円の割引として継続する。SoftBank光のサービス開始により、現状のフレッツ光を解約することなく移行が可能なため、ADSLサービスのホワイトBBの新規契約者は大幅に減少すると見られる。

SoftBank Air[編集]

SoftBank Airは、ワイヤレスシティプランニング社AXGP回線を利用した、無線アクセスによる接続サービスである。2014年12月12日提供開始。正式サービス前はYahoo! BB Airの名称で試験提供されていた。

諸般の都合で光ファイバー回線を導入できないユーザーを対象とした、固定ブロードバンドの代替サービスの色彩が強い。月間のデータ通信量に上限はなく「使い放題」となるが、混雑時に速度制限を実施できる旨が明記されており、2017年現在は概ね20時頃から深夜2時頃まで速度低下する状況となっている。

Airターミナルは、室内の電波が入りやすい窓際に装置を設置するが、モバイル用ルータとは違って100ボルトの電源がないと使用できない。規約上、設置住所は固定となり、ユーザーが任意に移動させる(自宅と職場で持ち運んで使用する等)事はできない。当サービスの提供エリアはソフトバンクの携帯ショップ、SoftBank Airの加入受付に電話で確認が可能であり、エリア外とされた場合は契約不可となる。建物の構造、周囲の建造物の影響により電波が入りづらい、入らないことがあるのは、携帯電話と全く同じである。

契約はレンタルと分割払いの両方が選択できる。分割払いに関しては携帯電話の本体の支払方法と同じのため審査があり、契約できないことがある。月月割というソフトバンク固有の割引があるため、レンタルより毎月の費用は安く済むが、中途解約すると残債の支払いが必要。解約時には共に、2年の更新月以外の解約は9500円(税抜き)の解約金がかかる。

IP電話事業[編集]

BBフォン[編集]

BBフォンは、基本料に含まれる標準サービスとしてサービス開始したため、2015年現在、日本で一番普及した050IP電話である。IP電話は一般に同一基盤同士の通話は無料であり、BBフォン同士も例外でない。また一般にIP電話は固定電話携帯電話PHS国際電話などにも格安で発信できるためインターネットのみならず電話料金も節約することができ、一定の帯域が確保できれば固定電話と遜色のない音質が得られる。光でも光BBユニットを契約、接続することにより、BBフォン単独の利用は可能である。

ホワイト光電話[編集]

ホワイト光電話[5]は、SoftBank光のオプションサービス(別料金)の0AB-J IP電話である。ホワイト光電話は光BBユニットの契約と設置が必須であり、レンタル料金は月467円かかる。それにホワイト光電話の基本料が最低467円かかるため、NTTのひかり電話の基本料金500円より割高になるが、通話料金はホワイト光電話、BBフォンどうしでは24時間無料となっている。

ソフトバンク提案のベストエフォート網で、自社網内の品質測定用サーバと端末設備(TA)との間の通信品質を10分以下の間隔で定期的に監視し、最悪値・95%最悪値・平均値及び中央値の報告し、一定以上の品質低下を検知した際代替回線による迂回を実施する方式によるものとなっている。

IPテレビ事業[編集]

ソフトバンク光テレビ[編集]

ソフトバンク光テレビは、2013年に後述のBBTVのサービス廃止に伴い、スカパーJSATと業務提携を結んで開始した放送サービスで、ケーブルテレビとほぼ同じ要領で、スカパーJSATとの施設利用サービスとソフトバンク光の両方を同時契約することで、地上波・BS・CSの放送を手元にある受信装置(テレビ受像機、ブルーレイ・DVD・HDDレコーダーなど)でパススルー配信で受信することができる。また、希望者にはスカパー!プレミアムサービススカパー!プレミアムサービス光(これを利用する場合には別途専用受信機必要)を視聴することもできる。[6]

ひかりTV[編集]

ソフトバンク光テレビとは別に、NTTぷららが提供するIP放送サービスのひかりTVのサービスも展開している。こちらは地上波・BSの再放送を受信する場合でも、専用セットトップボックス(チューナー)の設置が必要。[7]

BBTV[編集]

BBTV有線役務利用放送として行っていた放送サービス。光ファイバーでは基本料に含まれる標準サービスとなっていたが、2013年3月にサービスを終了しており、以後は上記の「ソフトバンク光テレビ」と「ひかりTV」に事実上移行している。

福岡ソフトバンクホークス中継[編集]

ソフトバンクがダイエーに代わってホークスを運営するようになった2005年(平成17年)から福岡Yahoo!Japanドームで開催される福岡ソフトバンクホークスの試合中継を行う。加入者は同球場内に設置された30台のカメラの映像を選択して視聴でき、非加入者よりも高いビットレートで配信を行う。また、BBTVによりテレビで見ることもできる(2007年シーズンまで実施)。

コンテンツ事業[編集]

高速回線を通したコンテンツも提供している。

Yahoo! BBの関連の問題・事件[編集]

サービス開始や回線の回復工事の遅延[編集]

サービスの開始当初、申し込みの殺到や体制の不備などにより申し込んでも数ヶ月間一切開通の進捗がない(最初もしくは申し込みから一定期間待たされた後に提示された開通予定日を過ぎても一切連絡や進捗がなく、問い合わせても適切な回答がまったく得られない)事実上の「放置」状態となる申込者が多数あらわれた。また、当初は公式には電話によるサポートを設けず、メールのみのサポートしか受け付けていなかったこともこの問題に拍車を掛けた。

ADSLサービスを解約した後も回線の回復工事手続きがなかなかおこなわれず、他社サービスに切り替えたくても「あなたの回線は他事業者に接続されている」として保留されてしまう、いわゆる「回線握り」の問題が起きた。

NTTのコロケーションスペースの占有[編集]

2001年(平成13年)12月19日に総務省が行った「情報通信審議会電気通信事業部会接続委員会の公開ヒアリング」にて2001年(平成13年)12月時点でYahoo! BBのDSL加入者数が20万であるのに対し、NTT東西が提供するコロケーションスペースの8割以上に相当する2,500万回線分のリソースをNTT東西の収容局から占有していたために他事業者がADSLを提供する事が出来ない事態に陥っていることを発表。

アッカネットワークス、イーアクセス、NTT東西の3社からは運用を保留している占有回線のリソース早期開放を求められたがYahoo! BBからは「無計画に占有しているのではなく新たな事業計画がある」、「NTT東西側がコロケーションスペースの拡充ができてない事に落ち度がある」として開放を拒否した。このためNTT東西から他事業者へのADSL回線提供が困難な状況が続き、ADSL回線の提供が遅れる要因となったと言われている[8]

また、半年後の2002年(平成14年)6月に総務省がコロケーションスペースの予約(保留)期間が6カ月以降は有償にすると変更した際には保留していた990万回線を月内に開放している。[9]

Yahoo! BB顧客情報漏洩事件[編集]

2004年(平成16年)2月27日にYahoo! BB登録者約450万人分の個人情報が漏洩していることが明らかとなり[10]、Yahoo!BBは個人情報の扱いを改善するように総務省から行政指導を受けた。

またYahoo! BBに対して個人情報と引き換えに現金を要求していた右翼団体元会長やソフトバンク関連会社元社員らが逮捕され、東京地裁から有罪判決を受けた。

ADSLモデム無料配布キャンペーンで被害[編集]

以前にADSLモデム無料配布キャンペーンを実施していたが、トラブルが多発。事例は以下の通り。

  • 電話勧誘で2ヶ月無料と説明され、モデムを送ってもらうことに。しかし、設定が複雑なため箱に入れたまま保管。するといきなり2ヶ月分の料金を請求された
  • 何度か電話勧誘がありそのたびに必要ないと断っていたが、一方的に「モデムを送付した」との通告があった。すぐに送り返したが、2ヶ月分の料金を請求された。解約手続中にもさらに料金を請求された。[11]
  • すでに死亡した者の名義で強制的にモデムを送付され、後日2ヶ月分の料金を請求された。

沿革[編集]

  • 2001年(平成13年)
    • 9月 - ビー・ビー・テクノロジー(株)が「Yahoo! BB」の提供を開始。当時ADSL事業の多くが1.5Mbps接続で月額4,000円から6,000円だったのに対し8Mbps接続で月額3,017円という圧倒的な低価格での業界参入だったため、競合他社は価格の改定や料金体系の見直しを迫られた。
  • 2002年(平成14年)
    • 4月 - ビー・ビー・テクノロジー(株)がIP電話サービス「BBフォン」の提供を開始
  • 2004年(平成16年)
  • 2004年(平成16年)
    • 10月4日 - 光ファイバー接続サービスに参入を表明。GE-PONシステムを用いることにより基地局までのバックボーンにおいて最大1Gbps(約1,000Mbps)の通信が可能である(しかし、宅内の機器の制約があるため1ユーザーの最大速度は従来の光ファイバーサービスと同じ100Mbpsになる)。戸建住宅の場合、対応建物が2階建ての2階までとなっているため3階建ての物件やアパート、マンション等の3階建て以上の集合住宅の場合、たとえ1階や2階に導入しようとしてもサービス提供がなされない。
  • 2009年(平成21年)
    • 4月1日 - NTTのフレッツ光回線を利用したYahoo! BB 光 with フレッツサービスの提供を開始した。
  • 2010年(平成22年)
    • 3月31日 - Yahoo! BB 光サービスを終了。
  • 2014年(平成26年)
  • 2015年(平成27年)
    • 3月 - SoftBank光 提供開始。

[12]

脚注[編集]

[ヘルプ]