Yak-5 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Yak-5(Jak-5、ヤク5;ロシア語:Як-5ヤーク・ピャーチ)は、ソ連ヤコヴレフ設計局で開発された高高度迎撃戦闘機(высотный истребитель-перехватчикヴィソートヌィイ・イストリビーチェリ・ピリフヴァーチク)である。1940年12月1日に初飛行した。

概要[編集]

試作戦闘機I-28(И-28イー・ドヴァーッツァチ・ヴォースィミ)は、Yak-1の試作機I-26-2から開発された。搭載エンジンは、出力を増した新型の液冷V型12気筒エンジンM-105PD(М-105ПД)に変更された。1940年7月10日から10月29日まで設計および組立作業が行われ、またの名を「Yak-5 1940年規格」("Як-5 образца 1940 года"ヤーク・ピャーチ・オブラスツァー・トィースャチ・ヂヴィチソート・ソーラク・ゴーダ)と呼ばれた。I-28はYak-5の制式名称を授かるまで、工場及びいくつかの書類上でさまざまな名称が使用されていた。すなわち、「航空機 I28」("самолет N28"サマリョート・ノーミェル・ドヴァーッツァチ・ヴォースィェミ)、I-28-N(И-28-Hイー・ドヴァーッツァチ・ヴォースィェミ・エーヌ)、I-28-V(И-28-Вイー・ドヴァーッツァチ・ヴォースィェミ・ヴェー)、I-26V(И-26Вイー・ドヴァーッツァチ・シェースチ・ヴェー)などである。なお、「V」(Вヴェー)はロシア語で「高い」を意味する形容詞высотныйヴィソートヌィイ」の頭文字である。

I-28は、本国の防空体系に組み込まれる高高度迎撃戦闘機として設計されていた。I-28は従来の混合構造の胴体を全金属製に改め、機首にはE-100(Э-100エー・ストー)スーパーチャージャー付きのM-105PD試作エンジンを搭載していた。このエンジンは1941年の2月から3月にかけて試験が行われ、Yak-1に搭載されたM-105Pより優れた性能を示した。E-100は2段階の過給器であったが、当時のソ連の技術ではこの種の機械を完成させることは難しく、Yak-5の量産化の足を引っ張ることとなった。

Yak-1の試作機であるI-26やI-26-2、Yak-7の試作機であるUTI-26などとの比較試験が行われた結果、I-28の量産化は見送られた。その後も試験は1942年末まで続けられたが、姉妹機同様の機体自体の不良に加えエンジンが未完成であったことが災いし、結局Yak-5が日の目を見ることはなかった。研究成果は、Yak-7やYak-9の開発に生かされたが、Yak-9PDなど同様の装備を持った高高度戦闘機は、いずれも実用化には到らなかった。

スペック[編集]

  • 高高度戦闘機
  • 初飛行:1940年
  • 翼幅:910.74 m
  • 全長:8.48 m
  • 翼面積:17.15 m
  • 空虚重量:2459 kg
  • 通常離陸重量:2928 kg
  • 発動機:M-105PD(М-105ПД) 液冷エンジン ×1
  • 出力:1160 馬力
  • 最高速度(地表高度):515 km/h
  • 最高速度:650 km/h
  • 実用航続距離:460 km
  • 上昇力:962 m/min
  • 実用飛行上限高度:12000 m
  • 乗員:1 名
  • 武装:20 mm機関砲ShVAK(ШВАК) ×1(弾数120発)、7.62 mm機銃ShKAS(ШКАС) ×4(弾数1500発)

関連項目[編集]