Zの悲劇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Zの悲劇
著者 エラリー・クイーン
(バーナビー・ロス名義)
発行日 1933年
ジャンル 推理小説
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 Yの悲劇
次作 レーン最後の事件
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

Zの悲劇』(ゼットのひげき、The Tragedy of Z )は、1933年に発表されたアメリカ合衆国推理作家エラリー・クイーンの長編推理小説

ドルリー・レーンを探偵役とする「悲劇」4部作の第3部。本作を含む4作品は「バーナビー・ロス」名義で発表された。

あらすじ[編集]

Yの悲劇』から10年、警察本部を退職したサム警視は、私立探偵事務所を開いて娘のペイシェンスとともに暮らしている。

そんなある日、2人が不正金調査で滞在していた街で殺人事件が発生し、前科者のアーロン・ドウが容疑者として逮捕される。独自の推理でドウが無実であるという結論を出したペイシェンスは、ドルリー・レーンの協力も得てドウの無実を証明しようとするが、決定的な証拠が得られぬままドウは有罪となり、終身刑を宣告されて刑務所へ送られた。

さらに、突如ドウが脱獄し、同じ日の夜に第2の殺人が発生したため、状況はさらに悪化する。2つの殺人の犯人として死刑を宣告されたドウを救い、真犯人を捕らえるため、ドルリー・レーン、ペイシェンス、サム警視は死刑執行時刻に追い詰められながら奮闘する。

特徴[編集]

  • 容疑者を一同に集め、犯人ではない者を次々に、理由を挙げ消していき、最後に残った一人を犯人とする劇的なクライマックス。

提示される謎[編集]

  • 犯人当て(犯人ではない者への無罪証明)

作品の評価[編集]

  • エラリー・クイーン・ファンクラブ会員40名の採点による「クイーン長編ランキング」では、本作品は19位となっている[1]
  • ジャーロ』2005年冬号の「海外ミステリーオールタイム・ベスト106」では、本作品は45位となっている[2]

作品について[編集]

  • タイトルのZは事件の秘密に関連する。
  • ブルーノ地方検事は今回も一応主要登場人物であるが、州知事となっており登場機会は激減している。
  • 他の3作は三人称視点で描かれているが、本作のみペイシェンス・サムの一人称視点で描かれている。

日本語訳書[編集]

題名 出版社 文庫名 訳者 巻末 カバー
デザイン
初版年月日 頁数 ISBN 備考
Zの悲劇 東京創元社 世界推理小説全集 第38巻 鮎川信夫 1956年 272   絶版
Zの悲劇 早川書房 世界探偵小説全集 No.303
(現「ハヤカワ・ポケット・ミステリ」)
砧一郎 1959年 319   絶版
Zの悲劇 東京創元社 創元推理文庫 鮎川信夫 1959年 357   絶版
Zの悲劇 新潮社 新潮文庫 横尾定理 1959年10月 336 978-4102137031 絶版
Zの悲劇 角川書店 角川文庫 田村隆一 1965年 367 絶版
Zの悲劇 東京創元社 創元推理文庫 鮎川信夫 1983年4月 358 4-488-10403-7 新版
Zの悲劇 早川書房 ハヤカワ・ミステリ文庫 宇野利泰 1989年 4-15-070144-X
Zの悲劇 角川書店 角川文庫 越前敏弥 2011年 978-4-0425-0717-8

脚注[編集]

  1. ^ 『エラリー・クイーン Perfect Guide』(ぶんか社、2004年)
  2. ^ 『ジャーロ』(光文社、2005年)