Z-20 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

Z-20

Insert image here.svg

Z-20拼音: zhíshēng-20, : 直升-20)は中国航空工業集団有限公司傘下の中航工業直昇機設計研究所(: China Helicopter Research and Development Institute, CHRDI)およびハルビン飛機工業集団有限責任公司: Harbin Aircraft Industry (Group) Co., Ltd. (HAIG))が設計し[1]、HAIGが生産する[2]、多用途中型ヘリコプター[3][4]

開発[編集]

1990年代後半に開始されたと言われているが、Z-10Z-8/Z-18英語版の専用の用途の派生型を開発する緊急性が高かったため、その優先度は低くなった。2010年以降、開発の進捗度は加速した。この時点でシコルスキーS-70C/UH-60ブラックホークは、すでに中国で使用されており、設計の基本となったように見えるが、部分的に、特にローターシステムエンジンに違いがある。人民解放軍が運用しているMi-8またはMi-17を代替するために計画されたと考えられている。人民解放軍海軍による採用も可能性が高いと考えらられている。試作機は2012年12月までに完成したと報じられている。2013年8月、中国のインターネットに投稿された、おそらく閻良の中国飛行試験評価センターへ輸送中の機体胴体の画像は、暫定的にZ-20として識別された。初飛行は2013年12月23日であった[3][4]。2019年10月1日に北京で開催された軍事パレードで初公開された[5]

設計[編集]

S-70と比較すると、メインローターのブレードは5枚に増えており、キャビンは長く、横幅は広くなっている。陸軍汎用型のZ-20の尾輪は、より後方に取り付けられている。最大離陸重量は10トンクラスである[3]。フライト・グローバルは、中国航空工業集団の関係者の話を引用して、主要な開発の一つはこのタイプのフライバイワイヤー制御であることを報じている[6]

対潜型のZ-20Fは胴体前部の下部にレドームが取り付けられており、中には水上捜索レーダーを収納している[2]。胴体の両側面には機外搭載品ステーションを有するスタブウイングが取り付けられている。コックピットの前方には電子光学/赤外線センサー・ターレットが搭載されている。尾輪は、陸軍汎用型のZ-20と異なりテールブームの付け根付近に取り付けられている[5]

海軍汎用型のZ-20Jは対潜型Z-20Fと異なり、電子光学/赤外線センサーとスタブウイングがない[5]

運用[編集]

人民解放軍陸軍が使用する汎用型は2018年頃から生産されていて、2021年1月時点で少なくとも2個陸軍航空兵旅団が受領しており、そのうち何機かはチベットに駐屯する陸軍部隊を支援するため配備された[2]。陸軍航空兵の実動部隊で用いられている形式のシリアル番号を表示した機体の写真が、中国のインターネットに投稿された。この写真は量産型のZ-20が既に陸軍において就役したことを示唆している[7]

人民解放軍海軍が使用する汎用型は2019年10月に中国のインターネットに画像が投稿され、2020年4月には対潜戦に対応する型が中国のインターネットに投稿された。海軍汎用型はZ-20J、対潜戦型はZ-20Fと呼称されている[2][5]

人民解放軍海軍陸戦隊が使用する派生型の開発を示唆する画像が2021年1月12日頃に中国のインターネットに投稿された。画像には対戦車ミサイルを搭載して飛行する機体が示されていた。このミサイルはKD-10英語版の様に見え、対艦ミサイルの用途に使えることは余り知られていないと報じている[8]

派生型[編集]

Z-20
陸軍汎用型(基本型)
Z-20F
対潜型:開発中
Z-20J
海軍汎用型:開発中
Z-20?
中国人民解放軍海軍陸戦隊航空部隊用:開発中

運用者[編集]

仕様[編集]

出典: [9]

諸元

性能


テンプレートを表示
お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

脚注[編集]

  1. ^ Perrett, Bradley; Osborne, Tony (2019年10月30日). “Avicが新型Z-20ヘリコプターの適合性を提示 (Avic Emphasizes Adaptability Of New Z-20 Helicopter)”. AVIATION WEEK NETWORK, Informa Markets. https://aviationweek.com/asia-aerospace-defense/japanese/avic-emphasizes 2021年2月6日閲覧。 
  2. ^ a b c d Tate, Andrew (2020年1月11日). “ASW-capable variant of Z-20 helo may soon enter PLA Navy service”. janes.com. 2021年1月30日閲覧。
  3. ^ a b c Paul Jackson FRAeS, ed (2019). Jane's All the World's Aircraft: Development & Production 2019-2020. Jane's Information Group. ISBN 978-0710633118 
  4. ^ a b Chen, Chuanren (2017年11月22日). “China Has High Hopes For Z-20 Helicopter”. Aviation International News. 2021年1月30日閲覧。
  5. ^ a b c d e f Waldron, Greg (2020年11月3日). “New images of Z-20 helicopter variants highlight China’s ASW efforts”. FlightGlobal. 2020年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月6日閲覧。
  6. ^ Waldron, Greg (2019年10月11日). “Harbin Z-20 destined for wide number of roles: report”. FlightGlobal. 2020年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月1日閲覧。
  7. ^ Tate, Andrew (2020年5月16日). “Images suggest Z-20 helicopter has entered service with China's PLAGF”. janes.com. 2021年1月30日閲覧。
  8. ^ Tate, Andrew (2021年1月14日). “Variant of Z-20 helicopter may be under development for PLAN Marine Corps”. janes.com. 2021年1月30日閲覧。
  9. ^ Z-20 Medium Transport Helicopter”. 2020年7月2日閲覧。