ZACA反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ZACA反応
種類 遷移金属触媒有機金属官能基化
反応
アルケン
+
有機アルミニウム化合物
+
キラルジルコニウム化合物
+
酸素(任意)
キラルアルコール
+
酸化アルミニウム
状態
溶媒 通常DCM

ジルコニウム触媒による不斉カルボアルミ化反応(ジルコニウムしょくばいによるふせいカルボアルミかはんのう、: zirconium-catalyzed asymmetric carbo-alumination reactionZACA反応)は、根岸英一によって開発された触媒反応である[1]。ZACA反応により、キラルなビス-インデニルジルコニウム触媒(例えばキラルなテルペン残基を持った[2](+)- あるいは (−)-bis[(1-neomenthyl)indenyl]zirconium dichloride[3])の影響下、有機アルミニウム化合物を用いたアルケンのキラルな官能基化が容易になる。最初の段階で、アルケンが試薬のAl-C結合に挿入し、新たなキラル有機アルミニウム化合物を形成する。この化合物ではアルミニウム原子はより立体障害の少ない位置を占めている。この中間体は通常、酸素によって酸化され、対応するキラルアルコールが形成される(参考: ヒドロホウ素化-酸化反応)。この反応はジエンにも適用することができ、最も立体障害の小さな二重結合が選択的に攻撃される.[4]

脚注[編集]

  1. ^ Ei-ichi Negishi (2011). "Discovery of ZACA reaction : Zr-catalyzed asymmetric carboalumination of alkenes". ARKIVOC viii: 34–53. 
  2. ^ Denis Y. Kondakov; Ei-ichi Negishi (1995). "Zirconium-catalyzed enantioselective methylalumination of monosubstituted alkenes". J. Am. Chem. Soc. 117 (43): 10771–10772. doi:10.1021/ja00148a031. 
  3. ^ Bo Liang (2007年) (Google Books excerpt). Zirconium-catalyzed Asymmetric Carboalumination of Alkenes (ZACA reaction): Its development and application to the synthesis of deoxypolypropionates and other chiral compounds (Ph.D. thesis). Perdue University.. pp. 29. ISBN 978-0-549-50694-2. http://books.google.com/books?id=5_kYT5nOuq8C&pg=PA29&lpg=PA29 
  4. ^ Ze Tan; Bo Liang; Shouquan Huo; Ji-cheng Shi; Ei-ichi Negishi (2006). "Zirconium-catalyzed asymmetric carboalumination (ZACA reaction) of 1,4-dienes". Tetrahedron: Asymmetry 17 (4): 512–515. doi:10.1016/j.tetasy.2006.01.017. 

関連項目[編集]