ZAM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ZAM(ジャム、잼)とは、韓国の男女混成アイドルグループ

1992年にデビュー。1995年に解散。当時の所属事務所はDSPメディア

概要[編集]

夜叉のリーダーだったジョ・ジンスが夜叉を解散後、兵役期間(兵役義務)に入り、軍生活の中で見た日本のダンスグループZOOのダンス映像を見て衝撃を受け、除隊後、新しいグループを企画する。当時の韓国ではヒップホップが主流を果たせなかった時代だったため、ジョ・ジンスはその魅力を見つけた。日本のグループZOOをベンチマークして、混成グループZAMを結成した。当初は10人以上のメンバーが在籍していたが、最終的に5人組になったとされている。

1992年私は止まらない<난 멈추지 않는다>」でDSPメディアからデビュー。

1集活動終了後メンバーが何度か入れ代わり、3集まで活動してグループは解散した。

紅一点のユン・ヒョンスクはZAMを脱退した後、1994年に3人組混成グループ1730のメンバーであったイ・ヘヨンとCOCOというデュオで活動した。

解散の理由について2015年のラジオ番組でファンとキムが「ユンの脱退による人気低迷」であると明かした[1]

メンバー[編集]

  • ジョ・ジンス 1969年12月11日生
  • ユン・ヒョンスク朝鮮語版 1971年12月27日生
  • ファン・ヒョンミン 1973年5月2日生
  • シン・ソンビン 1975年9月29日生
  • キム・ヒョンジュン 1975年11月14日生

ディスコグラフィー[編集]

  • 1集「私は止まらない(난 멈추지 않는다)」(1992年)
  • 2集「ぎこちない感じ(어색한 느낌)」(1993年)
  • 3集「ZamⅢSounds」(1995年)

エピソード[編集]

  • デビュー曲「私は止まらない」のパフォーマンスを見てみると、実際にZOOChoo Choo TRAINの振り付けを取り入れていることが分かる。
  • 3集のタイトル曲「自分の理由」が安室奈美恵太陽のSEASONの導入部分を盗作しているという疑惑があった。
  • 2017年に同じDSPメディアからデビューしたKARDは、男女混成グループとしてZAMの後輩と言えるグループである。

解散後[編集]

2015年4月、23年ぶりにKBS 1TVのコンサート7080朝鮮語版に初期メンバー5人が揃って出演した。

2016年6月、人気バラエティ番組「シュガーマン朝鮮語版」に4人で出演した[1]

脚注[編集]