ZOIDS黙示録

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ZOIDS黙示録
ジャンル ウォー・シミュレーションゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 ノバ
発売元 トミー
シリーズ ゾイドシリーズ
人数 1人
メディア 2メガビットロムカセット[1]
発売日 日本 199012211990年12月21日
その他 型式:TOM-ZF
テンプレートを表示

ゾイド黙示録』(ゾイドもくしろく)は、1990年12月21日に発売されたファミリーコンピュータゲームソフトで、トミー(現:タカラトミー)のゾイドを題材にしたシミュレーションゲームである。2009年1月13日より、Wiiバーチャルコンソールで配信されている。

概要[編集]

プレイヤーは共和国軍と暗黒軍(ガイロス帝国)のどちらかの司令官を選び、ゲームマップ上のゾイド達を動かしていく。敵旗艦機を倒せば勝利。スタート時に設定で“リアル”と“コウタイ”(交代)の二つを選ぶことができ、前者ではターン制がないまま進行し、後者はターン制となる。全16マップで、1〜15のマップをクリアすると、最終マップ16に行ける。

ゲーム内容[編集]

コウタイを選んだ場合に、1ターンで動かせるユニットは2機だけ(同一ユニットを二回動かすことは可)であり、動かせるのは1マス。戦闘はシューティングアクションで、戦闘制限時間は20秒。

コンピュータの強さが理不尽で、障害物に隠れて撃ったり、マークIIの間接攻撃でのダメージを与える以外に勝利は難しい。なお、戦闘画面にはPのボールとTのパネルが落ちていて、Pを取るとHPが少しだけ回復、Tを取ると戦闘が終了する。

また、地上にはユニットを重ねると、パワーアップできるマークII用のパーツや、ダメージを回復させる補給基地、他に新たなユニットとして付け加える事が出来る野生ゾイドとがある。地形によって戦闘画面も変わる。

マークIIになると、最高3マス先の敵にミサイルによる間接攻撃が可能となり、更に通常攻撃時には、Bボタンで強化された火器も撃つことが出来る。

地殻変動システムという、ターンごとに地形が海になって、陸上ユニットが活動できない場所になってしまう場合があり、そうなると、再度地殻変動によって、陸地が現れるまで待つしかなくなり、飛行ユニットでないと、海上移動できない。

惑星Zi大異変直後の、多くのゾイド達が壊滅的なダメージを受けた世界が舞台のためか、その飛行ユニットも、海上を移動する際には微量とはいえ、HPを消費してしまう。

最終マップ16ではバトルクーガーで強制出撃してしまうために、暗黒軍側のエンディングはなく、暗黒軍を選んで全マップをクリアしても、最終的には共和国のエンディングになってしまう。

また、マップ16はシステムもリアル制にされてしまうため、迅速に行動しなければならない。

登場キャラクター[編集]

ゲーム登場ユニットの最大HPは64〜144。

他機種版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数
1 ZOIDS黙示録
バーチャルコンソール
日本 200901132009年1月13日
Wii ノバ タカラトミー ダウンロード - -

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
ファミ通 23/40点[2]
ファミリーコンピュータMagazine 18.16/30点[1]

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計23点(満40点)[2]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、18.16点(満30点)となっている[1]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.04 2.83 3.00 3.08 3.06 3.15 18.16

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店1991年5月10日、 312頁。
  2. ^ a b ゾイド 黙示録 まとめ [ファミコン] / ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2018年4月30日閲覧。