ZOO (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ZOO」(ズー)は、辻仁成が作詞・作曲した歌である。川村かおりに提供した曲で、1988年に川村のシングルが発売された。辻は自身を中心とするロックバンドECHOESでもセルフカバーし、翌1989年にECHOESのシングルが発売された。なおECHOESとして発表する際に川村かおり版から歌詞が一部変更されており、各種カバー版(「ZOO 〜愛をください〜」も含む)ではECHOES版の歌詞が用いられている。

川村かおりのシングル[編集]

ZOO
川村かおりシングル
初出アルバム『ZOO
B面 365日の戦争
リリース
レーベル ポニーキャニオン
川村かおり シングル 年表
ZOO
(1988年)
Sweet Little Boy
(1989年)
テンプレートを表示

川村かおりの「ZOO」は、1988年11月2日ポニーキャニオンから1枚目のシングルとして発売された。同年11月21日に発売されたアルバム『ZOO』のタイトル曲であり、同アルバムからの先行シングルである。辻仁成が自ら編曲まで手がけている。なお、シングルバージョンとアルバムバージョンでは終わり方が異なる。

2000年8月に再発売されている。

2009年5月27日に発売されたアルバム「K」に上田ケンジ編曲による「ZOO (20 anniversary ver)」が収録されPVも作られた。

川村かおり版シングル収録曲[編集]

  1. ZOO
    作詞・作曲・編曲:辻仁成
  2. 365日の戦争
    作詞:Kaori、作曲・編曲:辻仁成

ECHOESのシングル[編集]

ZOO
ECHOESシングル
B面 SURPRISE
リリース
規格 8cmCD
12cmCD(再発)
ジャンル ポップス
時間
レーベル CBSソニー
Passàggio Discs/SMEJアソシエイテッドレコーズ(再発)
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間41位(オリコン
  • 週間4位(再発・オリコン)
  • 2000年度年間41位(再発・オリコン)
  • 登場回数16回(オリコン)
  • ECHOES シングル 年表
    Foolish Game
    (1988年)
    ZOO
    (1989年)
    LOVIN' YOU
    (1990年)
    テンプレートを表示

    ECHOESの「ZOO」は、1989年3月21日CBSソニーから、6枚目のシングルとして発売された。シングルバージョンはフェードアウトするタイミングがアルバムバージョンより早い。

    TBS系ドラマ『はいすくーる落書』挿入歌(正確には劇中歌であり、挿入歌は主題歌と同様THE BLUE HEARTSが全て担当した)、並びにCX系ドラマ『愛をください』主題歌。主題歌に起用されたことにより、本作は再発売された。のちに、菅野美穂がドラマ出演時に用いた役名「蓮井朱夏」名義でシングル「ZOO 〜愛をください〜」を発表した(後述)。また、2002年には国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊シニアボランティア募集CMソングにも採用されている。

    2000年に再発された際には、オリコン上で初登場で19位を記録した。この時点でECHOESのシングル中、最高順位と最高売上を更新した(どちらもそれまではオリジナル盤の「ZOO」であった)。4週目で初のTOP10入り、6週目で最高順位である4位を記録、6週間TOP10をキープした(うち2週は「ZOO 〜愛をください〜」と同時に)。最終的に50万枚以上を売り上げ、ECHOES最大のヒット曲となった。既に解散から年月が経っていながら過去の曲が大ヒットとなったのは珍しいことである。再発された時には、アルバムバージョンを基にマイケル・ツィマリングにより新たにミックスが施された。また「ZOO」は、元々あるものとは別に新たにPVが作られた。

    本作の発売を機にベスト・アルバム(ツィマリングのミックス)が発売され、一夜限りの再結成・ライブが催された。さらにその後、辻は新バンド・ECHOES OF YOUTHを結成した。

    2000年のシングルの再発盤(カップリングは「GENTLE LAND」)は、アルバムのリマスター盤に記されているディスコグラフィーには「ZOO (new mix)」と記され区別している。

    1989年のオリジナル盤に収録の「SURPRISE」はオリジナル・アルバム未収録曲(2010年の『GOLDEN☆BEST ECHOES』に収録)である。

    ECHOES版シングル収録曲[編集]

    両楽曲とも、作詞・作曲:辻仁成、編曲:ECHOES

    1. ZOO
    2. SURPRISE
      2000年の再発盤では「GENTLE LAND」に変更となっている

    ECHOES版の収録アルバム[編集]

    • オリジナル『Dear Friend』(1989年4月21日)
    • オムニバス『ROCK BEST NOW』(1989年7月21日)
    • ベスト『The Best of ECHOES GOLD WATER』(1990年12月1日)
    • ベスト『BEST OF BEST』(2000年9月20日)
    • オムニバス『J-POP CAFE』(2003年)
    • オムニバス『LOVE STORIES II』(2003年10月1日)
    • オムニバス『30-35 vol.1「もう一回、バンドやろうぜ!」』(2005年4月6日)
    • オムニバス『Love II 〜memory of melody〜』(2006年2月22日)
      ※Remix
    • オムニバス『J-Love』(2008年3月)
    • オムニバス『クライマックス 80's BLUE』(2008年12月24日)
    • ベスト『GOLDEN☆BEST ECHOES』(2010年3月10日)
      ※「SURPRISE」アルバム初収録

    ZOO 〜愛をください〜[編集]

    ZOO 〜愛をください〜
    蓮井朱夏シングル
    リリース
    録音 FREE STUDIO YOTSUYA、ソニーミュージック信濃町スタジオ
    ジャンル J-POP
    時間
    レーベル Passàggio Discs/SMEJアソシエイテッドレコーズ
    プロデュース 辻仁成
    チャート最高順位
    蓮井朱夏 シングル 年表
    菅野美穂
    あの娘じゃない
    1996年
    蓮井朱夏
    ZOO 〜愛をください〜
    2000年
    テンプレートを表示

    ZOO 〜愛をください〜」(ズー あいをください)は、菅野美穂フジテレビ系ドラマ『愛をください』に主演した時に用いた役名「蓮井朱夏」名義でリリースしたシングルで、2000年9月7日に発売された。

    解説[編集]

    • この曲は、菅野美穂がドラマで演じた遠野李理香(芸名:蓮井朱夏)がドラマ内で披露した曲を、実際に発売したものである。いわゆる企画作品バーチャルアーティスト作品とも呼ばれる)の類である。
    • 辻仁成はプロデュースの他、バッキングヴォーカルでも参加している。
    • このシングルの発売に先行して、2000年7月にECHOESのシングルが、8月に川村かおりのシングルが再発売されている。
    • この曲のPVは、ドラマの映像も使われているため、映像右上には「映像提供:フジテレビ」と表示されていた。
    • この曲をテレビで披露したのは、ドラマを放送していたフジテレビ系列の『HEY! HEY! HEY! MUSIC CHAMP』と『堂本兄弟』だけであった。
    • 菅野のシングル作品は1996年に発売した「あの娘じゃない」以来およそ4年振りで、このシングル発売に関して発売元を菅野美穂名義の作品で発売していたビクターエンタテインメントではなくPassàggio Discsソニー・ミュージックエンタテインメント内のレーベル)からリリースしている。
    • オリコンシングルチャートでは2週目で最高位3位、売上も50万枚を記録し、ヒット作となった。ECHOES盤にも迫るヒットで、どちらも50万枚以上売り上げている。菅野のシングル作品としては1995年の「恋をしよう!」(34位、同チャート調べ)の記録を大幅に更新し、最大のヒットとなった。
    • YUKIの『OH! MY RADIO』に出演した際、菅野の曲をかけてもらう時にこの曲が選ばれている。

    「ZOO 〜愛をください〜」シングル収録曲[編集]

    全曲の作詞・作曲:辻仁成

    1. ZOO 〜愛をください〜
      • フジテレビ系ドラマ「愛をください」挿入歌
    2. ZOO 〜愛をください〜 instrumental version
    3. ZOO 〜愛をください〜 acoustic TV version

    辻仁成によるセルフカヴァー[編集]

    2013年にパリでレコーディング。LIVEでは歌っていたが初のCD化。

    • アルバム「コトノハナ〜super best of Jinsei TSUJI〜」(2014年4月2日)に収録

    2015年のLIVEを配信。

    • アルバム「人生劇場 Jinsei Tsuji Live 2015」(2016年7月6日)に収録

    その他のカバー[編集]