Zuse Z2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Zuse Z2は、コンラート・ツーゼ1940年に完成させた電気機械式コンピュータである[1][2][3]

Z1を改良したもので、Z1と同様に機械式のメモリを使用しているが、演算と制御ロジックを電気式のリレー回路に置き換えている。Z2の写真や図面は第二次世界大戦中の連合軍による爆撃で失われた[4]。Z1が22ビット浮動小数点を使用したのとは対照的に、Z2は16ビット固定小数点演算を使用した。

ツーゼは1940年にドイツ航空研究所(DVL、現 ドイツ航空宇宙センター(DLR))でZ2のデモンストレーションを行った[1][2][3]。それに参加した同研究所のアルフレート・タイヒマンドイツ語版教授は、後継モデルZ3の資金調達の一部を支援した[5]

諸元[編集]

周波数 約5ヘルツ
演算装置 ワード長16ビット固定小数点
平均計算速度 加算操作0.8秒
リレー 600個
メモリ 64ワード(Z1と同等)
電力 1000ワット
重量 300キログラム

[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b Weiss, E. (1996). Z1 and Z2. “Konrad Zuse Obituary” (英語). IEEE Annals of the History of Computing 18 (2): 3. doi:10.1109/mahc.1996.489747. ISSN 1058-6180. https://ieeexplore.ieee.org/document/489747/. 
  2. ^ a b Williams, Michael Roy (1985) (英語). A history of computing technology. Also search the book for Luftfahrt - further part. Prentice-Hall. pp. 219. ISBN 9780133899177. https://books.google.com/?id=l3xQAAAAMAAJ&dq=zuse+%22z2%22+Henschel+Flugzeugwerke+weekends&q=weekends. 
  3. ^ a b De Mol, Liesbeth (2007年). “Tracing Unsolvability. A Mathematical, Historical and Philosophical Analysis with a Special Focus on Tag Systems”. p. 212. 2018年5月12日閲覧。
  4. ^ Zuse, Horst. “Part 4: Konrad Zuse's Z1 and Z3 Computers”. The Life and Work of Konrad Zuse. EPE Online. 2008年6月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年6月17日閲覧。
  5. ^ Hans Dieter Hellige (Hrsg.): Geschichten der Informatik. Visionen, Paradigmen, Leitmotive. Berlin, Springer 2004, 3-540-00217-0. p. 115.
  6. ^ Z2 Data Sheet”. 2015年2月9日閲覧。

関連項目[編集]